var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-国内最大の淡水魚-

-イトウ : 【学名 Hucho perryi サケ目サケ科イトウ属】-

日本に生息する在来淡水魚類の中でも最大の種であり、成魚では1m前後にも成長し、大きいものでは 1,5mに達する 。
寿命は驚くほど長く18~20年以上生きると言われ、凡そ毎年の捕食量に左右されるものの、成魚になっても成長し続けるとも言われている。
日本国内での記録上最大の個体では、1937年に十勝川で約 2,1mのイトウが捕獲されたことがあるようだ。
--------------------------------------------------------------------------------

-イトウ-
その大きさ故に、川釣りを愛する者ならば一度は釣ってみたいと皆が憧れ、生涯をこの魚を釣ることだけに費やす者さえも居ると言う。
30年以上も前から「幻」と言う表現が用いられ、数々の漫画やドキュメンタリー番組にも撮り上がられて来た。
「川を泳ぐ鹿を、丸ごと飲み込んだ」
「腹の中から秋サケが5本も6本も出てきた」
「人丈ほどもある流木がいきなり泳ぎだし、それがイトウだと初めて解った」

などなど、地域に根付く逸話にもたくさんのイトウが登場し、今でも語り継がれている。
また、北海道開拓時代のアイヌ民族の伝説でも、「イトウが川を堰き止めた」だとか「ひとたびイトウが怒り暴れ出すと、湖全体までが荒れ狂う」と言った話があり、『チライ』・『オビラメ』・『トシリ』と読び崇めていた。

これらの呼び名を今現在もハンドルネームに使われている方もいるように、いつの時代になっても我々釣り人には憧れの魚であり、幻の魚なのだ・・・・・・けれど。


「・・・・・・?」

「アレ?」

「アレレ?」

「コレって確か、マボロシなんだよね?」



まぎれもなく・・・・!?



・・・・・目も当てられません。
ここまですることに、商品価値がどの程度付くと言うのでしょう(汗)
発砲スチロールの魚箱に記載されている「養殖」の文字。
釣り人が作り上げたイトウに対する価値観と、道内の自然環境を覗き見た現状での希少さを巧みに利用した商品。

せめて名前くらいは漢字で書けよ!


人工的な餌で強制的に脂を植え付け、食材の特性(風味)を無視した餌による肉質と食味の改造がまかり通っている昨今、このイトウにしてもその影響は避けられないだろう。
こんなところから「イトウは脂があってウマイ!」なんて造り変えられた魚の味で俄かに脚光を浴び、自然河川でもイトウを根こそぎ獲っては売りさばくアホちんこたれマルダシの輩がチョーリョーバッコしだしたらどうするのか?

立派な魚体ですこと。。。


幻が幻ではなくなり、姿は同じでもカタチを変えて世に広がって行く・・・・
ボクの祖父ですらまだ生まれていなかった時代に、「チライ」を神からの贈り物と信じ、山に川に空に感謝を捧げ、皮の隅々まで余すことなく利用してきたアイヌの人々が見たら何て言うのだろう・・・・

飽食大国のこの国で

「ヘイ、らっしゃい!!」
「お客さん、今日は何にします?」

「あいよっ!チライの炙りです!」

「オビラメのアラ汁、ヘイお待ち!!」

「4番テーブルさぁ~ん、“トシリのお造り”入りましたぁ~!」

となる日が来るのだろうか・・・・











スポンサーサイト
先々週の夕方、川から上がり車への道すがら、河畔林の中に黒光りする土を見つけた。

何でしょね?


辺りを見回すと、5~6メートル四方に1箇所の割合で光っている。

「ナンだろ・・・・?」

と、近づいて注意深く覗き込んだところ、「グワッッッ!!!」と大声を上げてのけぞってしまった。
まったく予想だにしていない物体に慄き、よろめきながら立ち木に手を掛けようとしたソコにもコバルトブルーに光る塊りが帯のように!!
「ギエッッッ!!!」と、大の大人が悲鳴なのか何なのか解らない声で驚いてしまった。

ツヤツヤです!


目に見える全てのコバルトブルーの粒々が、“ワサワサ”と微妙に蠢いているではないかっ!!
いっきに鳥肌モンですよ!
大体何匹いるのかって~と・・・・数えられません(笑)
そのくらいの規模でした。

接写で・・・・


こんなのが、脚から腕から体中に這い回ってくるのを想像したら・・・・・

超接写で・・・


首筋が痒くなるようなことは想像しないようにしといて、もしこのビートル群が冬眠から目覚めたままのウスノロイ動きで川面に落下したならば、それはトラウトたちの格好のエサになるでしょうから、春のライズにもやっぱりテレストは必携だったんですねぇ。

・・・・・・マヌーカ・ビートルの釣りを思い出しました。









先日の日曜日、函館釣り教室主催の(株)ティムコ協賛「アンダーハンドキャスト・キャスティングスクール」が行われた。

キャスティング風景


アンダーハンドと言えば、「LOOP社」でロッドやリール・ラインなどの細部にわたって製作・設計を執り行なっているヨラン・アンダーソン氏が実践しているキャステイングスタイルだ。
日本国内に知れ渡りだしたのはごく最近のような気がするが、その歴史は深く、アンダーソン氏の人生と共に発展を遂げてきた、実践派のキャスティングスタイルなのだ。
一見すると、スペイキャスティングと混同してしまうかもしれないが、キャスティングの根本的な理論と物質(フライライン)を移動させていく(ループ)手法がまるで違うのだ。
当日、講師を勤めていらした(株)TMC社に籍を置く近藤氏の表現を借りれば、「直線が直線を生む今までのオーバーヘッドスタイルでは出来ない、曲線が曲線を描き、自在に投射性と方向性を操ることのできるスタイルなのです」とのこと。(←かなり“はしょって”ます)

当日は近藤アンダーソンの愛称でした(笑)


当日は様々なタイプの『LOOP』ロッドが並べられ、参加した皆さんはこぞって絶賛していらっしゃいました。
シングルハンドではかつてないほどの軽さとパワーに歓声が上がり、ダブルハンドではオーバーヘッドからスペイ、アンダーハンドまでもをカバーするポテンシャルの高さに、思わず唸ってしまう方々も・・・・
また、小耳に挟んだお話ですが、今まで『LOOP』と言えば代表的な商品にフライリールが上げられます。
そんなメーカーの一部の商品しか知らない輩からは、

「結局はリール屋の竿でしょう?」
「リール屋が作った竿なんか底が浅くて、たかが知れてるよ」

なんて声も聞かれているとか。
そんな軽率といいますか無知なことを発する人は、ヨラン・アンダーソン氏がかつてSAGE社のロッドの設計を担当していたことなど知る由も無かったのでしょう(笑)

そのアンダーソン氏から直伝継承を授かった近藤氏の、キャステイングに於けるループ構造とパワー伝達の説明には、自分が持っていた今までのキャスティングに関する理論が根本的なところから崩されることに始まり、効率性と超実践的理念が解りやすく解説されていく様に、僕と同様、参加者一同のめり込んでいきました。

皆さんマジモードで聞き入ってました!


今はまだ、アンダーハンドの「ア」の字も習得できていない僕ですが、終盤にはかなり掴みかけてきた方もいらっしゃったようで、近い将来に釣り場でのプレゼンテーション風景が一変してしまう日が来るかもしれませんネ。
そんな努力家の方々と、世界最高水準を誇る『LOOP社』の名に恥じないよう、「僕もこれから練習していかなくちゃ!」と思わせる雰囲気に、心地よい緊張感を覚えた休日でした。

緻密な設計が施された世界最高水準のリール


いつの日か、とってもスマートにそして優雅に竿を操り、気負いもなく気忙しさもない中で鱒を釣ることができたなら、それは最高のシーンとしていつまでも心に深く刻まれるんだろうなぁ・・・・・

普通のアメマスですなぁ・・・・・













 
先日に引き続き、釣には関係ない話です(汗)

イルカを目撃した後の帰り道、憧れの名車を発見!!
一昔前の悪ガキ共には、その名を轟かせた事で有名なマシンです。
伝説では、3速に入れてもなおフロントを高々と持ち上げるほどのパワーなのだとか。
誰もがそのマシンにまたがり、颯爽とコーナーを駆け抜けるのを夢に見て、憧れていたはずなのです・・・・

マッハⅢ!!


「 KAWASAKI 750SS マッハIII 」

渋いです。
コイツにまたがり、大量の白煙の中で爆発的な加速に身を晒されてみたいもんです。
止まらなくっともカッコイイんです。
曲がらなくっともカッコイイんです。
おまけに、真っ直ぐ走らなくっともカッコイイんですってば!!

3連クロスチャンバー


2ストローク並列空冷3気筒ですよ!?
マブ過ぎ!!
こっから、あのピーキーなエンジンの排気音が生まれるんですネ!!
ノーマルから変更されてるチャンバーが、持ち主のセンスを窺わせます。

ピカピカに光る「Kawasaki」の文字がしびれる・・・・


クランクケースの中の文字に、ついウットリとしてしまいますね!
持ち主は、とても大事に乗られているようです。

永遠のエンブレム


エンブレムの奥に、チラリと見えるフロントディスク。
もちろんダブルですし、リヤもディスク仕様に変更されています。
ステアリングダンパーも装着されたこのマシンは、“じゃじゃ馬”と称されたH2の良さを残したままで乗りやすくするような変更が随所に見られるようです。

ま、単車の免許もなく、憧れだけで終わってしまったシロート的解説ですが、その存在感に触れただけで満足できるバイクで御座いました。






仕事でね、サクラマスをね、チョチョイと捌いてたらね、ビビッ!と腰にね、電気が走ったのサ。

「・・・・・ヤバイかも」

そう思ってたんだけどね、コレが結構な重症でね、腰を丸めて猫背にして前屈みになってる“お爺ちゃん歩き”しかできんのですよ。
背筋を伸ばすと「ガッキーン!!」と高電圧が腰から骨盤に至るまで走りぬけるんですわ。
廃人のような腰按配です(涙)

ってなことで、今年のGWは、何処にも行かれません。。。

サクラマスのクルージングコースも見付けてあったし、居着きの極太アメマスが張り付いているポイントも残してあったのに・・・・・
腰まで立ちこんで、ボコボコボイルのアメマスを狙う必殺フライ(公表はしません)も巻いてあったのに・・・・・
大好きなフタバコカゲロウがハッチを始めているのに、ウェーダーも履けないなんて・・・・・

今日の夕方、試しに川縁で数年前に整骨院から無理矢理強制的に買わされた(6千円くらいした)コルセットベルトを腰に巻いて釣り支度をしてみたのだが、車から竿を降ろす段階で激痛が走り、うずくまる事15分。
初めて自殺行為だと認識できました。
7年前には、左膝の前十字靭帯再建手術後でも松葉杖で釣が出来たのに、「もう歳なのかな?」と自覚させられた今年のGWでございました(涙)

どうか皆様、事故などの無いよう素敵なGWをお過ごし下さい。



昨年あたりから、海獣に苛まされることが多いような気がしていた。
何かの呪縛にでもはまっているかのように、訪れる先々で海獣の群れに遭遇してしまう。。。
その象徴だったのが今日のお昼の出来事だ。

仕事先である船舶の方へと出向いたところ、函館西部地区に位置する「西浜岸壁(通称:西埠頭)」で目の前をイルカの群れが泳ぎ去っていった。(凡そ30メートル先)
正直、コレには大変驚きました!
37年間もの間この岸壁を見てきましたが、こんなにイルカが岸壁の近くをしかも10頭以上の群れで移動して行くのなんてのは初めてのことですから。
ビックリと同時に、呪縛めいた物をヒシヒシ感じてしまいましたよ。

・・・・と、海アメ&海サクラが釣れない理由を、こんな風にイルカに転嫁してしまえば、ボクチンの腕のせいではないと言い逃れられるのだ!(笑)

見えますか?画像中央の黒い背びれ(1頭)


画像では1頭しか写っていませんが、凡そ10頭くらいは居ました。
コヤツラ3~4日前から迷い込んできたのは知っていましたが、こんなエサの少ないところに居ないで、早く外海へ逃げていって欲しいものです。

・・・・・暇なGWを過ごされている方などは、お子さんを連れて見に行かれると宜しいかもしれませんね!















// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。