var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年は、早い段階(1月上旬)から各沿岸部の漁業協同組合に荷揚げされ市場へと出荷されるサクラマスがありましたが、同月の下旬になってから早くも大型(2.5kg~3.0kg)が見られています。
出荷量も、例年よりも幾分多く、なにより中~大型の個体群が多数見られているのです。

朝捕れたてのサクラマス
(携帯画像)

これはあくまで市場の各漁協が出荷した荷物同士での見極めであって、現場レベルでの定点観測なんてシロモノじゃありませんから、なんの基準にもならないかもしれませんが、どうやら日本海・函館湾・噴火湾(太平洋)とでは、かなりの個体差がるようです。

まずは日本海ですが、もっとも早く獲れ始めた奥尻沖は数が少ないままで、依然として低量を維持している感じですが、上の国沖では少しずつですが水揚げ高が上がり始めています。
また、大型の固体も多数混じり始めていることも事実です。

次に函館湾ですが、知内沖から木古内沖、茂辺地沖・上磯沖にかけてのサクラマスは、例年よりも水揚げ高が多いものの、例年通りの小型がメインとなっており、ここ2~3日では木古内~茂辺地の量が多いみたいです。
それから約1週間ほどで上磯沖でも上向いてくるでしょう。(マスに限らず、イカやカレイ・アジにサバなど、殆どの魚が1週間遅れで獲れ出します)

小サクラの豊漁
(携帯画像)

最後に噴火湾(太平洋沿岸)ですが、こちらは驚くことに獲れだした初旬から大型が勢揃いといった感じです。
もう漁師もウハウハ状態なくらいに、2kg~3kgが多く獲れていて、こんなことは10年~15年に1度くらいの割合起こるんだそうです。
しかもその殆どのサクラマスがベイトを追い回し未だ育ち盛りといった雰囲気ですから、成熟、抱卵するまでの時間は相当掛かりそうな按配です。
彼らが接岸する来月の下旬以降は、どのような体型になっているのでしょうか?
今から楽しみでなりませんネ!!
今年は、各釣り場で伝説が生まれるかもしれませんよ!!
皆さん、どうか大物を釣り上げてくださいネ!

大、または特と言います。
(携帯画像)

でもね、実はね、オイラにはね、諸手を挙げて喜べない気持ちもあります。

「放流のおかげか?」
「漁師の残りカスでの釣りなのか?」

ぶっちゃけ、コレです。
どう見回しても、彼らが産卵に適した河川環境が回復(復元)しているワケでもないし、ヤマメの生存率の向上と成長促進に繋がる要素がどこにも見当たらない。
とある「オレはこーゆーことには詳しいんですっ!」と、自負していらっしゃる方が、「最近の道南ではセイタイケイが変わりつつある」ですとか、「ここ近年、道南のヤマメやイワナが復活してきている」と仰ってましたが、オイラにとってはどこか「???」なお話しです。
それくらいでしたら、「降海後の海面で餌が豊富だった」とか、「ここ1~2年は海水温の上昇から、海面を回遊中の固体群の残存率が大幅に高くなった」とか言ってくれた方がよほど信じれるってモンです。
長年海アメマスを釣り続けてきている方々は、口を揃えて「海アメマスが減ってきている」と深刻に話し合っているのにこのサクラフィーバーですから、どこか釈然としない気持ちがありますね。
ま、結局は、「孵化場の恩恵を受けた釣りなんぞクソ喰らえ!!」って根性がそう思わせているのかもしれません。。。

・・・・・あまりこーゆーネタを書いてると、「KABUの板は難し過ぎるよ」と言われてしまうので、次回はサクラマスの胃の中身なんてやってみようかな?
そんなもんに、誰か興味ある人っています?(笑)

まぁ基本的に、オレ本位でオレが中心でやってるブログなもんスから、つまらないエントリーがあったら、とっとと流してくださいね~♪











スポンサーサイト
白状します。

昔々、ボクは相当のワルでした。
いえ、不良やらツッパリ・・・・悪童とか、ゴロツキとかの類ではないんです。
どちらかと言うと、人畜無害のおとなしい顔をしていても、その裏側では姑息で悪知恵のとっても良く働くクソガキだったと自負しております(笑)

そんなオレが小学生の頃、母方の叔父に連れて行ってもらった初めての川釣り。
キレイな水がサラサラと流れ、たくさん虫に刺されながらも釣れてくるイワナやヤマメ、ウグイにすら感動を覚えていたのを思い出します。
短い振り出し竿に細いテグス。
付いてんだか、もげそうなのか解らない目印(募金すると貰える赤い鳥の毛のヤツ)。
エサは定番のイクラ。
最初は2~3匹も釣れりゃあ大満足で、親父やお袋に見せて喜んでた。
しかし、3回、4回と出掛けるうちに魚の数が欲しくなる。
7回、8回ともなれば、そこにいる魚を全て釣りたくなっちまう。
コレ、いたって正常な農耕民族のDNAが生み出す悲しい性ですね。。。
しかし、相手は川魚。
警戒心はハンパじゃない。(←当時は忍者になれなければ数は釣れないと思ってた)
そこで考え付いたのが、「相手を興奮のルツボに陥れてやればイイ!」だ。

さっそく悪知恵が働きました。

親父と市場に行って、サケの魚箱に残っている溢れ出たイクラを掻き集め、それを持って行ってポイントに「ドボン」と投げ入れるのだ。
なにせ、スーパーの袋に2~3袋も取れるのだから、ポイント1箇所につき片手でポイポイと3発くらい喰らわせる。
ヘラ釣りで言う「爆弾釣法」だ。
もう、流れ込みから散らばるイクラめがけてイワナやヤマメの舞い踊りが繰り返される。
それからおもむろに針を流すんだから、文字通り一網打尽ってヤツでした・・・・・



今朝のセリで季節はずれのサケを競り落とし、店でさばいていた時溢れ出たイクラを前に、妙に思い出される幼少の記憶・・・・・

黄金に輝く1粒の・・・・エサ?
(携帯画像)

同じ思いで、リリースを覚えた18歳の頃、子供の頃の大量虐殺に酷く悔やんだことがある。
最近の道南界隈の河川資源が枯渇してしまっている原因の一端は、紛れも無くオレにもあるのだから。

親魚から出したてのイクラ塊
(携帯画像)

それに気が付いてからは、自己反省と自責の念が今でもオレを苦しめる。
せめてもの懺悔として、毎年サクラマスの発眼卵放流を繰り返しているのだが、なんの気休めにもならないだろう。
昨年秋でかれこれ20万粒を超えているのだけれど、オレが殺した野生の鱒は帰ってくるわけではない。

もし、あの頃の自分に今のオレが川辺で出会えたならば、きっとこう伝えるだろう・・・・・

「ゴラァ!クソガキがぁ!」
「いったい何匹の魚ブチ殺しゃあ気が済むんだぁ!」
「撒き餌なんざぁ使いやがって!!」

トーゼン、問答無用のゲンコツと撒き餌の没収も忘れませんよ!

モチロン、こんなお仕置き(暴挙?)に出られるのは、自分で自分に出会えたなら・・・・ですがね。














視界50メートルです(怖)


酷い吹雪でした。

先日、深夜の八雲インターから道央道を北上していた際のこと。
猛吹雪に遭遇し、吹き付ける大粒の雪で視界は50メートルがやっとといった具合。
速度表示灯は、先程から50kmの指示を出し続けています。
こんな時にチョ~シこいてスピードを上げて事故ろうものなら、釣れる筈だった巨魚も水の泡と化してしまうものです。
まして、怪我だけで済むならまだしも、半身不随やら両足切断、最悪の場合は死に至る(←結構簡単に行きますよ!)場合もあるのです。
賢明な皆さんならば、その1日の釣りの為だけにわざわざ命を削ってまで暴走などするハズはありませんよね?
来週だって、再来週だって今度の連休だって釣りになるんですから!

でもね、世の中にゃ必ずお馬鹿なヤツっているんですよ。

除雪作業中は徐行運転しなさい!!


この画像の400メートルくらい手前から、大型除雪車が作業をしていたんです。
モチロン最後尾のオイラも含めて、誰もが徐行運転をしていたんです。
そしたら、いかにも若造が乗り回しそうなフルスモのTOYOT△最高級車が、低い車高で雪煙とともにイキナリぶち抜きですよ。
作業車と一般車の間をスラローム状態で爆走しやがるんです。
もう、「あわや接触!!」ってくらいなギリギリの追い越しまで・・・・・・

「ガギ!!ゴラァ!!ナメでんのがぁ~!!」
「ブチ殺すゾ、オラァ!!」
「マジ殺っゾ、テメェ!!」
「あぁ、ゴラァ!!!」

と言った表情の作業員と、怒り心頭の一般車。
皆さんの怒りがヒシヒシと感じられる最後尾のオレ。

そのまま、馬鹿な若造は走り去るつもりでいたんでしょうね。
若さに任せて、星の夜空にまで飛んで行きたかったんでしょうね。

・・・・・でもね、世の中そんなに甘もぉ~なかったんですわ。
若造が走り去ってスグ、視界が「パッ」と開けてきた。
走り易くなったんですね。

そして5分後・・・・・

大型トレーラー2台に前方を塞がれた若造がいたんですよ!
それを見付けた最前列のトラック運ちゃん。
アクセルベタ踏みで超幅寄せ(笑)
エアーブレーキのオーケストラ(笑)
ハンドルを右に左に、最上級のプレッシャーを与えています。
コレを見ていた後方の車はヤンヤ・ヤンヤの大喝采(←たぶん)

トラック運ちゃんから30分くらい指導を受けた若造カーは、2車線になったとたんに爆音上げて逃げて行きました(笑)

視界が80メートルまで回復しました。。。


どんなに自分が安全運転していても、無謀なドライバーからの「もらい事故」という場合も出てきますので、皆さんもどうかお気を付けて運転されてください。
また、これからまだまだ厚雪・アイスバーンなどの路面状況が続きますので、重ねて安全運転をお願いします。







前回エントリーしました、『真冬のライズ』で、多数の方々から「そういった場面では、どんなフライを使うの?」と言った声が聞かれました。
こんな稚拙なブログでも、皆様に読んで頂けていることに多少の驚きを感じつつも、感謝の意を表す意味で、私自身の使用頻度が最も高いフライをご紹介したいと思います。
  



冬晴れの道


こんな冬晴れの日などは、川面のアチラコチラでユスリカの姿を確認することができます。
また、標高の高い山上湖や泥が体積しているダム湖などに於いても、シーズンを通してユスリカが大切な捕食物になっていることはご存知だと思います。
しかし、道南ではあまり重要視されていない昆虫ではありますが、あのシンプルな構造と羽化形態、そしてゴマ粒に毛が生えた程度のサイズには、ボク等のようなピュアでイタイケな自虐的変態マニアッカーにとって、それはもう、夕闇迫る頃に始まる爺さんと婆さんの夫婦生活くらい奥が深いのです。

そこで、数ヶ月ぶりに始めましょう。
例のヤツを久々の再開です。
まぁ、エキスパートな諸兄貴達には親父のキンタマくらい必要ないですがね。。。



『KABU版:ユスリカ・ハッチマッチャー』

基本的にはどんなフックでも良いのですが、対象魚が大きい場合には太軸で浮力が持続しませんが、TMC社の2488やゲイブにヒネリが入っていて、フッキングがすこぶる良いDAIICHI社の1140などがおススメです。
※ここでは見易さを優先する為、TMC2488-#20で巻いてみましょう。

① スレッドでファンデーションしましたら、テールにはアントロン系のマテリアルを少々取り付けます。
(コレはシャックではなく、アンカーの役割をするんです。)

眠いので、ちょっぴり雑(汗)


② 次に、ハイビスをテールの上に2分割して左右に付けます。
(量は、極少数で結構ですが、画像は乱反射で多く見えています)

左右均等に・・・・


③ アブドメンを、TMC社のMONOスレッド(バターイエロー)で作ります。
(昔は、6Xくらいのティペットで巻いてました:笑)

なんか画像のコントラストがヘンだけど、気にしないで!!


④ ファーを3ミリくらいの長さに切り整えたヘァーズイヤーダビング材を、ソラックスに縒りつけます。

虫っぽくなって来ました。


⑤ ここで、先ほどのハイビスを前方方向に折りたたみ、オーバーボディーを作ります。
(このとき少しだけハイビスを持ち上げて、スパークルピューパの要領で巻き留めて下さい。)

オーバーボディー


⑥ 最後にアイ付近で巻き留めたハイビスをそのまま左右に折り返して固定します。
(このとき、左右扇状に広がるようにして下さい。コレはウイングではなく、スタビライザーの働きをしてくれます。) 

完成の図


⑦ KABU的【ユスリカ水面脱皮中模写毛鉤】及び【水面付近遊泳中トビケラ蛹】または【水面羽化直前極小蜉蝣】の出来上がりで御座います。
なんとなく小さめの捕食物に対するゴマカシパターンの代表作で、それなりの汎用性も持ってるようです。

ま、先人達には失笑を買うであろう破廉恥の集大成ですな(笑)

ウイングの広がり按配に注目!





・・・・・・あ~、恥ずかし。。。





そこは函館から数百キロも離れた土地。
今は1月、車の外は-18℃。

美しい朝焼けに・・・・


手足が痺れる寒さの中で、ライズを繰り返す鱒達を探しにきた。
ロッドに付いた水滴が瞬時に凍りつく極寒の中で、懸命に水面へと泳ぎあがる鱒達。
そんな憧れにも似た期待感が、遠いこの地まで足を運ばせる。

その日の早朝、橋から覗いた浅いプールには折り重なるように大小のアメマスが定位している。
きっと、バグヤーンを沈めれば、いくらでも釣れるのだろう。
だが、北海道でこんな季節にユスリカのマッチ・ザ・ハッチで釣れることへの願望が、ボトムノックを躊躇わせる。

幾つかのライズから至福の時間を約束されて、やさしく鱒に語りかけてみる。
ことの他、選り好みを繰り返す彼らに少々苦笑いが込み上げてくるも、それがまたたまらなくいとおしい・・・・・

#22のスパークル・ダンがレーンに乗る。
何の猜疑心も無い、これまで行ってきた捕食動作がそのままフライに投影された。

ミッジングでアメマスを!!


ドライを咥えてくれた悦びと、思いのほか元気な魚体に少なからず笑みがこぼれる。
水面で釣れることの価値がこんなにも嬉しいものなのか。
この事実が見つけられただけで、遠い距離まで移動してきた対価が生まれる。

「たくさんいる中の1匹だけでも満足できる」
本心からそう思える釣り。

-重さや長さなんて、物理的な欲求を満たすだけの基準でしかないんだ。-

#22がお気に入りの彼


きっと、今もか細い命を繋ぎ止めるため、必死に水面を追っている彼等。
遠い北の流れに住む、彼等が教えてくれたドラマに感謝したい・・・・・







冬の川。

道南界隈では、真冬の渓流であまり釣り人を見かけることは無い。

雪景色の渓


広い下流部では果敢にダブルハンドロッドを操り、アメマスなどを狙う人はいるのだけれど、中・上流部では殆ど釣り人の姿は無い。
まして小規模河川ともなれば、雪が解ける4月下旬までは誰も近づかないだろう。

モノトーンで占められ、色も匂いも、音さえも無い世界。
しかし、そんな雰囲気がたまらなく好きだったりもする。

「こんな川で本当に釣れるのだろうか?」

そんな不安げな顔を見せる友人だが、実は傍らで見ている俺には、川底の岩の脇から鱒の姿がおぼろげにだが見えていた。
恐らくは、先々週に釣り上げた肌色のキレイなあの雄だろう・・・・

何度目かのキャストで、ヤツの頭上にフライラインが被さってしまった。

次のプレゼンテーションを繰り返したときには、すでにその姿は無い。
「きっと見間違いだったんだ」と自分に言い聞かせ、気付かぬそぶりで再び川を遡る。
生粋のトーナメントキャスターだった彼は、ヘビーなニンフとLサイズのインジケーターをものともせずに巧みなコントロールでポイントに打ち込んでいく。

エキスパート・キャスター


彼にはぜひとも釣らせたかった・・・・
「こんな真冬の川にだって、ちゃんと遊んでくれる鱒がいるんだ!」ってことを実感して欲しかった・・・・

吹雪が一段と激しさ増し、帰らざる負えない天候になると、なんとも言えない悔しさだけが二人を包む。

「また連れて来て」

そう言ってくれた彼の言葉が、少しだけ悔しさを溶かしてくれた。

沈黙したままで・・・・・


いつか彼には見せてあげたい。
透明度を増した川底にその巨体を曝け出し、夏には決して釣られることのなかった賢者やツワモノが悠々と泳ぐその姿を。

いつか見せたい。
傷一つないパーフェクトな魚体で、釣り人を睨み付けるあのまなざしを・・・・

ガンたれ








今年は正月早々に竿をへし折ってしまった。

「竹を干す」と書いて「竿」と読むのだから、本来は強くしなやかでなければならないのに、カーボンなんぞを使用しているからなのか“アッサリ”と折れやがりました。

・・・・・正に干からびた竹が割れるかのような音を響かせて(涙)

当日同行してくれた友人は、初釣りのファーストキャストでいきなり掛けてくれます。

背中で語る釣り師でっせ!


「オッ、ライズ!」

とか言いながらライズと対峙する姿には、なぜか期待感が持てるほど、そのスタイルは高い完成度が見て取れます。
ほどなくして、彼が50cmくらいのキレイなアメマスを寄せてきました。
コンデションバリバリのアメマスです。

コレはチビの方でした


ソレを見て、こちらも俄然スイッチが入りました。

「こりゃ、気合入れて獲るか!」

急かされるように自分に言い聞かせ、渾身のパターンに結び変えます。
そして、暴風の中でキャスト!!

「あれ?」

ランニングラインが足元に絡んでました。
「クイ、クイ」とロッドを振った刹那、例の乾いた音が響いたのです。

「ハイ、終了」

もうダメですね。
なんてーか、気力が削がれるっての?
見かねた友人がロッドを貸してくれたんですが、すでに打つ気ナシですよ。
寒風に晒されたオイラの釣欲は、竿と同時に折れていました。

外は大シケ、オイラは。。。


今年の釣りが思いやられる初釣行となったワケです。
皆さんには、今年はどんなドラマが待ち受けているのでしょうか。
決してオイラのようなアクシデントに苛まれないよう、釣行時には十分気を付けて下さい!






明けましておめでとう御座います。

三箇日も過ぎ、いつもの日常を取り戻しつつある今日この頃ですが、今年も皆さんのお世話になることもあろうかと思いますが、どうか宜しくお願いします。

また当ブログに於いても、可能な限り時間を見付けて更新していきたいと切に思ってはいますが、仕事の都合上、更新もままならない日々があるかとも思います。
そんないい加減な管理人ですが、どうか気長に見守っていてくださいませませ。


釣りバカ
// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。