var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一ヶ月ぶりの釣りだった。
よく晴れた朝には、いつもの顔ぶれ。
川辺では何とも言えない燐とした空気に、ほんの少しだけ期待が膨らむ。

橋の上から見えたマスに、友人から優先権を譲ってもらうのだが、「気兼ねなく甘えられるから」とは言え、こんな時ほど妙に緊張するものだ。
橋の上からでは簡単そうなオダの隙間でも、川に立ちこむと、とても意地悪に見えるからである。

「マスの位置・マスとの距離・マスへの角度」
自分の拙い解析力を総動員して、今の現状から最善のアプローチを導き出す。
橋の上では友人二人が声を弾ませてマスの一挙一動を伝えてくれる。
まさに、サイトフィッシィングの真骨頂・・・・・そして・・・・・

「食った!?」

青空から聞こえてくる友人の声に僅かに遅れて、ロッドティップが何かの抵抗を感じ取る。

緊張と安堵の交差した瞬間・・・・


至福の時間の始まりだ。

アンラッキーだったのは見つかったからなの・・・・・?


― サイトフィッシィングが最も楽しいのは、リードする人と釣る人との間で、同量・同質の達成感と満足感が分かち合えるからではないだろうか? ―

春の日差しに還るアメマス


最高のシーンを提供してくれた友人達へ、心から感謝したい。
そしてヘタレなオレに触れてくれた、このやさしいアメマス達にも・・・・



画像上段&下段は「フォトby雪代さん」です。
いつ見ても綺麗な写真を撮る人です!

kobaさんの、魚を引き出す能力にもぶったまげますケドね!!
スポンサーサイト
前回に引き続いて、アントロンキャンディーなるものを巻いてみます。
このパターンもさしたる特性はなく、当初は『メバル・サバ・イワシ・アジ対応サビキ仕掛け』を見て思いついた、なんとも単純なフライだったのですが、色々と手を加えているうちにこのスタイルに落ち着きました。
最初は、オリーブ・ピンク・イエローなども使っていましたが、やはりクリアー(ホワイト)が最も実績があります。

途中、アンダーボディーに使用するマテリアルに、掟破りのモノがございますが、殆どの一般的な釣具屋さんで購入可能(安価です)だと思います。

それでは今宵も再び恥の上塗りを、いざ・・・・・



『KABU版:アントロンキャンディー』

フックは、シンクレートの重いラインでブレイクライン(掛け上がり)や深度の浅い砂地などを通過する際、ポイントが引っかかり(ヤスリ掛け状態)、鋭利さを欠くことを防ぐため、キールスタイルのTMC411S(#6)を使用しています。

バラけないように・・・・・


最初に、フックの真上にユニークヘアー(クリアー)を15本~20本程度を巻き留めましたら、そのまた真上に下の画像のYO-ZURI社から販売されている海釣り仕掛け用の「レインボーティンセル」を少量巻き留めます。
このとき、レインボーティンセルをやや長めに取り付けます。

必殺のマテリアル!


画像からは解りづらいですが、レインボーティンセルの中には相当数のフラッシャーブーが入っています。
KABU版では、敢えてそれらを抜き取り、よりおくゆかしいフライへといざなっています(笑)

余談ですが、昨年はこのレインボーティンセルで作ったキャンディーが炸裂しました!!
ヒットカラーはタンでしたが「ボディーを短く細く」がネックになっていたようです!

完成だよ~♪


ま、そんな話しは置いといて、次は上から、今度はフックの左右と上部を包み込むようにアントロンダブを巻き留めます。
このとき、アントロンダブの他にEPシルキーファイバーなどでも代用できます。
(画像のフライは、EPシルキーファイバーを使用)

その後はキャンディー同様にヘッドを留めて、シールアイを貼り付けてエポキシでヘッド部分をコーティングして出来上がりです。

これまたとっても簡単なフライですから、時間がない釣行前夜などに巻くのでしたらお勧めの一本ですね!

これぞスクーリー!!


時間にして30分チョイで、手前のアントロンキャンディーを巻くことが出来ました。

今年はコレで釣れるかなぁ~?


友人から「それぞれのタイイングの手順を教えて!!」との要望がありましたので、恥を忍んで載せちゃいます。
オリジナルが奏でる雰囲気には程遠い、稚拙なフライではございますが、何かのお役に立てるなら幸いに存じ上げまする。。。
よって、これから繰り広げる痴態に、どうか諸先輩方は鼻で笑ってやってくださいまし。

では・・・・

       『KABU版:サーフキャンディー(キールタイプ)』

フックは、以前から言ってる通りの理由でTMCの411S(#4)を使っています。

汚い指先です!

最初に、細いタイプのマイラーチューブを2本重ねてバラバラに解します。

それをフックに巻き留めたら、次にクリアーのユニークヘアーを同じ長さで巻き留めます。

丁寧に!!

次に、グレイカラーのユニークヘアーを、クリアカラーの長さよりも、やや長めに巻き留めます。

長さに気を付けて!!


このときのマテリアルの量は、クリアーよりもややグレイの方が多いくらいが良いと思います。

アクセントとして、ギルの部分にマイラーを控えめな長さで取り付けます。

慎重にやらねば・・・・

ヘッドを留めシールアイを付けましたら、エポキシでヘッドの部分のみ固めます。

5分で固まるから急げ~!

この時のエポキシは、私が愛用しているのは『Z-POXY』の5分硬化タイプです。
手前の青い棒は、100円ショップで売られているデンタルピックという爪楊枝です(コレものすご~く使えます!)

普通のクリアーキャンディー

ローターで回すこと10分、出来上がりです!

手順も簡単ですし、難しいテクニックも必要ないですから、慣れるとエポキシの乾燥時間を抜けば1本数分で出来上がります。
量産するにはもってこいのフライです。

また、各色のヘアーをブレンドし、微妙な色合いに仕上げるとコレまた萌え萌えになってくるのですが、それを語りだすと長くなるので参考程度に覚えて置いてください。

↓コレは、福島町在住のイレナカさんから3年前に頂いたスティックタイプのキャンディーです。

エキスパートのフライ

沈下姿勢やフォール最中のフッキングに対する熟考がうかがえる最上の1本ですね。
氏は、このフォルムでのカラーバリエーションを豊富に揃えています。
きっと今年もこれらのフライで、大きなアメマスやサクラマスを釣ってくれることでしょう。



・・・・・調子に乗って、次はアントロンキャンディーです。





ノースアングラーの3月号が発売されています。

ソルト特集


今回は、松前番長のナベさんがフライボックスの全てを見せてくれました!!
エキスパートが巻くフライには、どこか魚を引き寄せる雰囲気が漂っています。

また「この一本」では、大型海アメをコンスタントに釣り続けることで有名な松村氏が必殺フライを提供していました。
早速コピー&トライしたくなるようなパターンです!!

それと、特に興味をそそられたのは、竹内氏の「フライでロックフィッシュ」です。
新たなジャンルの扉を開こうとする、そのバイタリティーには脱帽することしきりです!

皆さんはもう購入されていると思いますが、もしまだ買ってないという方は至急本屋さんへ!!
海アメのシーズン真っ盛りといったところだけど、どうも海のコンデションが今ひとつである。。。
昨年などは、2月の中旬に“向岸流”に向かう為“並岸流”に乗って信じられない群れ(海アメ全て50cm~60cm&サクラも多数)が魚竿(ウオサオ:笑)していたんだけどなぁ・・・・

ま、エキスパートと呼ばれる諸兄ィー達ですら口を揃えて「今年は2月の後半からが勝負でしょ!」と、言うのだから、アセることはない。
自分自身とて、もっとも釣り易くて楽しんでいるのは4月なのだから、しばらくは気長に待つとしよう。

さて、最近友人のフライをよく見せて頂くことが多いんだけど、殆どの人はカラーバリエーションを豊富に揃えている。
まったくもってヨダレものである。
ただ一つ気掛かりだったのは、皆さん一様にクリアカラーが少ないことでした。

やっぱり有色でなければ、視覚的に魅力が無いのでしょうか?
でも、それはあくまで人間の視覚であって、マスの視覚ではないのですよね。
言い換えれば、人が思っている以上に配色やグラデーションなどにマスは敏感だとしたら、色彩で断定しづらいシルエットだけのフライ、すなわちクリアカラーが効果的なのかな?って思いませんか???
実は、クリアーカラーを思いついたのは、他の生物(魚類)学的な発想からだったんですが、ま、その話しはマニアックですからご要望があればにしましょ(笑)

ぶっちゃけ、クリアカラーってすごく釣れるんだけどなぁ・・・・・

代表作はこんなんです。

普通のクリアーキャンディー
(何の変哲も無いシリーズですね・・・)

こんなシリーズでも釣れました。

普通のアントロンキャンディー
(乱反射してマテリアルが多く見えますが、極薄仕上げです)

昨年度よりバージョンアップしたタイプ。

細身のキャンディーでおま・・・
(殆どヘッドだけのキャンディーです)

それぞれのフライには水中でシルエットだけを残し、残りの要素をおぼろげにするというコンセプトがあります。
特に、2番目のアントロンキャンディーなんかは、水に馴染むと「おぉ!」とか思っちゃうんですが、周囲の友人にはなぜか不評でした。

今年はコレにあと幾つかのフライを追加して、今週末に出漁予定です。
フライの消耗が激しいソルトの釣りですから、これから爆巻きしなければ・・・・

ちなみに、07年度モデルは結果が出るまでヒミツです。

・・・・・釣れるといいなぁ。


先週からの風邪をこじらせてしまった。
凄くツライ・・・・(涙)

朝から熱が上がっていたようで、久々に仕事を休んだ。

朦朧とする意識の中で、目が覚める。

んで、とりあえず巻いてみた。

ブラックノーズのバリエーションの失敗作


最悪の出来栄え。

寝るに寝れない状態の中で、やっぱり巻く。

ブラックノーズのバリエーションの失敗作Ⅱ


ぜんぜんアウト。

どうも、今日は指先の末端神経と脳ミソがウマク連動してくれないみたいだ。
見るに耐えない3本目を投げ捨てて、本日終了・・・・

お疲れ様でした。



いつも当ブログへお越しの物好きな皆様(笑)
最近のインフルエンザは、ニュース報道よりもやや遅れて(個人差にもよりますが、3~4ヶ月とか)発症される方が多いと聞きました。
ですから、帰宅後はスグに手洗いとウガイをされることを強くお勧め致します。
そしてお体には十分気を付けて、フィールドへお出掛けください。
釣人の中でも、大きく分けて2つのタイプがあるように思う。
それは、魚に“好かれる人”と“嫌われる人”じゃないだろうか?
コレは様々な釣りのジャンルに於いて、その人が持ち合わせる知識量やら経験値、いわゆる所の“引き出し”の多さで決められるものではなくって、何ちゅーか、その、スピリチュアルな部分での話だと思う。
平たく言えば「運のいい人・悪い人」ってヤツなんだろうけど、自分の知ってる友人なんかは、“運”の一言ではとても片付けられない、何か得体の知れない“チカラ”を持っているようです。

例えば、どんなに名人と呼ばれる人でもトロフィーサイズが列を成してバカスカライズしているなんてシチュエーションに出会うことなんて滅多にないでしょ?
でも、人によっては訪れる先々でそれに近いようなシーンに出会う方もいらっしゃるんですよ。

例えば、私が毎週欠かさず週3回も通っていてもなかなか出会えないような大鱒のライズにいきなり出くわす人がいたり、初めてトライするジャンルの釣りでも鱒の方からフライを探して咥えてくれるような人がいたり、超激混み河川でも、なぜかその人が訪れるときは誰もいなくて、素直な鱒に変身していたり・・・・
挙げれば限が無いほどです。

↑ちなみにこれらは、私の友人達の話です。
改めて見渡してみると、私の友人達は驚くほど皆さん一様に“魚に好かれる”タイプのようです。
そしてそれらは、“エキスパート”と呼ばれるには絶対に必要な“チカラ”なのかもしれません・・・・

そのような超人達の中に身を置くワタクシは、いつも彼らの“おこぼれ”を頂こうと、ハイエナのように虎視眈々と狙っているのでした。

魅惑のボサ下


これは今年の正月の釣行です。
ニンフをやり始めて「まだ試行錯誤の段階です」と言う彼は、今まで使っていたシステムを言われるがまま変更し「こんなモンかな?」とポイントに打ち込みました。

「・・・・!!」

釣り始めて10分もっ経った頃でしょうか、一際大きなプールの底から、明らかに50cm台後半を超えてくるサイズのマスが彼のニンフへと近づき、今まさにその巨大な口を広げようとした刹那、残念なことに悪戯好きのカワガラスがこともあろうかマスの頭上を超低空飛行して行きました。
それに驚いたマスは慌てて身を翻し、その巨大な尾鰭で川底深く潜ってしまいました。
その後、二度と姿を現すことはなかったのです。

しかし一番驚いたのは、実は私の方だったのです。
殆ど初めてトライしたルースニングで、いきなりあんな大型のマスとコンタクトを取れることが出来るなんて・・・・・

ルースニング修行中


やはり彼も他の友人と同様、センスと共に魚に好かれる何かを持っているタイプの人なんでしょう・・・・

・・・・授かりたいものです(涙)

これから、友人がNZへと旅立つ。
普段お世話になりっぱなしの彼へ、お礼がてら幾つかのフライを手渡した。

精鋭部隊-BOX‐Ⅰ


おぼつかない手で巻き終えたフライだが、少しは安心材料になってくれただろうか?
全てのフライが、明日からの彼に役立ってくれることを強く願わずには居られない・・・・
それでも今はまだ、計り知れない期待感と同量の心細さで、ついつい弱気な言葉を口にする友人だ。

― でもな、誰だって海外じゃ最初の1匹を釣るまでのプレッシャーで我を忘れるってもんなんだよ。いいか?俺達ぁプロなんかじゃない。だったら一度や二度失敗したって構わねぇじゃねーか。違うかい? ―

この旅で彼には一体どんな出会いがあって、どんな発見があるのだろう?
見るもの全てに驚きがあり、そしてそこに流れている時間の大切さに気が付いてくれることを信じて、今は静かに見送るとしよう・・・・

明日遅くには機上の人となる彼へ、俺からの餞別の言葉だ。


「失敗を恐れて、縮こまった釣りをしてちゃダメだ」
「結果はどうであれ、思いっきり楽しんでみろよ!」
「大丈夫、あっちのマスはスレちゃいないから」

―Take care & Have a nice trip !!―


前回のエントリーでは“バケ鉤”の簡単な説明をしてみたんですが、この毛鉤って、ハックルを重ねてウイングにするスタイルなんか欧米のソルトフライと共通しているんだよね?
各々の歴史を紐解いてみても、両者の接点などは見当たらないし、狙う魚も様々なのにも拘らず、同じスタイルの毛鉤がスタンダードの直球ど真ん中!
デ・シーバー、シーデューサー、シーハビット、ベイ・アンチョビー、etc・・・・

やっぱり得体の知れない、首筋がゾクゾクするような雰囲気に包まれてしまいます。
萌え萌えの瞳ウルウルなんです。
んで、今から遡る事13~4年前、たまたま見ていた雑誌でターポンを釣る記事が出ていた。

そりゃあもう、ぶったまげたね!!

ワケの解らない英語に囲まれた写真の切り抜きに出ていたフライ。
見た瞬間に、頭を鈍器のようなもので殴られた感じッスよ!
いつの日かジイちゃんと話してた毛鉤が、ド派手な装飾をまといズド~ンと目の前に鎮座していた。
もう釘付けってヤツでしたよ。

―ターポン・コックローチ―

勿論、フロントハックルなんてものはバケ鉤にはないし、あの当時ではフラッシャーブーなども殆どなかった。
それでも「オレのジイさんはフロリダ界隈のタイヤーか?」なんて思えるほどに、酷似しているように思えてならなかった。

その晩、早速デスクの前で両毛鉤をスケッチしては色々と巻きましたね。
数少ないハックルをむしり続けて。
明け方までひたすらキコキコとあの迫力を求めて。

それで出来上がったのがコレ↓

初期型:デシーバー(型落ち)



結局、ハックルを寝かせただけのシロモノでしかなかったんです。
唯一海アメフライっぽく仕上げるために、精一杯の装飾としてシールアイを付けただけ・・・
もう、ほとんどサルの浅知恵ですね(笑)
それでも、コレで初めて50UPのアメマスを釣ったのですから、今でも記憶に残る1本なのです。
その後、数々の修正とテストを繰り返し、いくつかのバランス変更を経てこのスタイルに落ち着きました↓

現行のタイプ(そろそろ型落ち)


それから数年を経て、雑誌の特集で出ていたポポおじ様のシーデューサーを垣間見たときには「アレ?こっちがホンマモンじゃん」って思わず笑っちゃいましたよ。
なにせ、俺ごときが浅はかな知恵を巡らせた所で、本場の達人たちには当の昔に使われていたんですから・・・

タチの悪い画(汗)


結局、日本もアメリカも、その道の達人たちには共通の見えている視点ってモンがあるようです。
未だ俺には見ることの出来ない視点ってヤツがね!
バケ鉤(タイプ:グリーン)


これ、バケ鉤って言うんですよ。
ご存知の方もいらっしゃると思います。
主に漁師が三角錐の“バケ”というルアーに近いカタチの重りを水中で踊らせ、あたかも魚がベイトを追い回しているかのような動きを演出します。
ま、バケのカタチその物がアトラクタールアーとして働きかけているとか、バケが発する反射の光だけが集魚効果を出しているとか、諸説あるようですがね・・・

そしてバケ仕掛けと連動しているこの毛鉤も同様に踊るのですから、魚はトリッキーにうごめく毛鉤を、魚に追われて逃げ惑う小魚と勘違いしちゃうワケです。

そりゃあもう海中の世界で日常起こっている、弱肉強食的シチュエーションまでも作り出すもんですから、この漁法は詐欺師の極地ですね。

また、潜行盤を用いて一定の深度をひたすら微速前進し続ける“ヘラ引き”という漁法にもこの毛鉤が使われています。

それでこの毛鉤をよ~く見ていると、何か、感慨深いものがこみ上げて来る。
何ていうか、ウン十年の漁師の重みっていうのかな?魚を釣るためのオーラみたいなモンが見え始めて、軽い目眩のようなものを感じてくる。
さらに、イジリ倒していくほどに凄みを増してくるもんだから、コレはもう堪らないんですよ。

マテリアルのアップ


ピーコックが前後逆向きに付いていたってお構いなしです。
そんな細かいところは気にしちゃイケません。
ヘッドがまばらに巻き留めていたって問題なしです。
“無骨”ってヤツですよ。

粋じゃないですか。


極太ハリス



ちなみに、しめ縄のように結ばれている極太のテグスは8号です。
切れるわきゃないんですよ。
フツーの釣りでは。
それでも沖に出れば、まるで髪の毛のようにあっさりと切れるんですから不思議なモンです。

こんな毛鉤に囲まれて過ごした幼少期からもう少しで30年。
今では西洋にかぶれて、「チェイス!」とかほざいてる・・・・

でもやっぱり頭の中では、あの頃ジイちゃんと話したマス釣りへの憧れは今も色褪せてはいない。





・・・・・続きは、例のフライです。
// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。