var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リーチ一発、メン・タン・ピン、ドラドラ・・・跳ね?
[photo by 雪代]

昨日は、久しぶりとなった友人と気さくなkobaさんとの釣行。

彼との釣行では、必ずと言ってよいほどベストシーンに出会う。
晩夏の流れでライズする50upのブラウントラウト。
晩秋のリザーバーで囲まれた無数のライズ。
そして、昨日の完璧無比なサクラマス。

彼は「交通事故的な出会い」と謙遜するが、釣果を約束された管理釣り場でも無い限り“釣り”とはそんなものなのではないだろうか?
しかし見方を変えれば、そういったシチュエーションを引き込む彼の“力”は必然性をも感じさせてくれる。

驚かされるのは、元々カリスマ性を持っている彼だからだろうサクラマスを釣ったニュースは、その日のうちに瞬く間に広がっていたことだ。
「サクラマスが釣れた」と言う魚種にこだわった部分ではない、彼が持ち合わせる魅力がそうさせるのだろう。

これでまた、彼の装飾品が一つ増えたということだ・・・・

be thankful to Yukisiro for a dramatic scene!!
スポンサーサイト
シャープな魚体♪


27,APRIL,am8:00
風向:南南西の風
風速:0.5m~1.0m
波:2.0m
ウネリ:中波
気温:8℃
サクラマス:48.0cm

今シーズン初のサクラマスが釣れました。

状況としては、ウネリが少々あることで、水が表層~底層に掛けて大きく動いていると思われました。
表層の水だけが動く普通の波とちがって、ウネリは海水全体が海底から押し上げるように打ち寄せます。
それを裏付けるように海面には無数のコンブの切れ端や流藻などがあり、また、乱れた水流が引き起こす潮目が水面にいくつも確認できるほどでした。
ボイルやライズの類は一切確認できませんでしたが、自分の中では「魚っ気ムンムン」状態で、しょっぱなから探りナシの本気アプローチ丸出しです(笑)

数日前に見たスカパーの釣り番組では、「サクラマスは凪の日がもっとも釣れるようだ」と言っていました。
しかし私の経験としては、凪の日にはいわゆる「跳ね」が起こりやすくサクラマスを確認し易いのだけれど、潮流が乏しい場合が多々あり、結果的に「食っ気がない」ように思っています。(あくまで、フライに於いてですが・・・)
逆に、今日のように海全体が動いている時などは「跳ね」が殆ど起こらず、なかなかサクラマスの存在を確認できなくて今日は居ないのではないか?と思ってしまいがちです。
しかし水の中で見えない彼らは、潮流に乗って絶えず岸近くを回遊し、しかも圧倒的に「食い気が立っている」と思われる場合が多いようです。(多少の濁りがあれば更に良し!)


・・・・と、“なんでもお見通し”っぽくエラソーに語っちゃっていますが、実は今シーズンの海サクラマスに関しては自分自身も相当の焦りがありました。
それは、雑誌などでもそのタクティクスやフライなどを紹介してきたものの、今シーズンに入ってからは1匹も釣っていないために「説得力に欠ける」と言われかねないし、何より「今シーズンはダメかもしれない・・・・」と、自分自身に諦めが出始めていました。

確かにこの釣りは、タイミングが命と言われるくらい確率性の低いゲームですが、そんな中での今日の1匹で、かなり救われた気持ちです(笑)

・・・・でも、サイズに不満はあるんですがネ(笑)

中学生当時から聴いている音楽は殆どが洋楽で、ビートルズに始まりビリージョエル、ボブ・デュラン、スティービーワンダー、イーグルス、CCR、etc・・・・
デビットボウイやカルチャークラブ、シンディーロパーなんかも、深夜に放映されるMTVで目を皿のようにして見入っていた。

大人に近づくにつれて、サム・クックなんかのジャズやジョンデンバーに代表するカントリーにも興味を抱いてきた。

それでも、あの頃から聴いている邦楽がたった一つだけある。
今でも時折、思い出したようにCDを掛けることがある。

それぞれの曲に想い入れがあり、様々な思い出には必ず彼の曲があった。

憶えたてのタバコと暇を持て余した放課後、街をぶらつく仲間と一緒に行き着く部屋には、雑然とした空気と逃げ出したい日常が待ち受けている。
破壊的な感情が込み上げるのを必死に押さえ、絶望的な明日ばかりを噛み締めていたあの頃・・・・
彼が歌う曲に感応し、自虐的なまでに自分を追い詰めていったあの頃・・・

―風に吹かれて 歩き続けて かすかな明日の光に 触れようとしている 風に吹かれて 歩き続けて 心を重ねた 遠い空― アルバム街路樹から「遠い空」:尾崎 豊

尾崎 豊 1992.4.25 午後12:06 肺水腫のため死去
晩年26歳





・・・・そして、いつまでも俺達の憧れだったんだ。











⇒ 続きを読む
ヘタレキャスト


最高気温26℃の沖縄から気温4℃の函館へ降り立った翌日、疲れた体を引きずって友人との待ち合わせ場所である居酒屋へ・・・・

当然気の合った仲間が集まれば、話は弾み、酒は進む。
気が付けばリミッターは外れてしまい、レッドゾーンに入った俺の胃袋と横隔膜が微妙なモールス信号を打ち始めていた(汗)

かくして、翌朝ヘロヘロとなった俺の体と精神状態は、友人達が主催しているキャスティング大会参加への“ブッツケ本番”と言う恐ろしくもふてぶてしい体たらくを露呈してしまった。
もちろん結果や順位、まして記録などは全く眼中になく、ヘタレキャスターを自負する俺としては、自分の能力がどの程度なのかを確認してみたくなったワケだが、友人達が打ち立てるその長い飛距離に、「確認しなくてもいいや・・・」とイキナリ弱気になってしまった(笑)

それでもFFに於ける違った世界観を体感して、とても面白いことに気が付き、とても有意義な1日だった。

「当日、運営に奔走した皆さん、本当にお疲れ様でした」

「また、機会がありましたらぜひ参加させて下さい」
小シーマ?


15,APRIL,pm17:25
風向:西南西の風
風速:0.5m~1.5m
波:0m
ウネリ:ナシ
気温:8℃
サクラマス:56.0cm

毎年、はるばる東京から来てくれる友人達がいる。

彼らと会うのが楽しみでもあり、また彼らが釣ってくれるのがたまらなくうれしい。
そこにあるのはガイディングという使命感でもなければ、責任感でもない。
自分の持っている知恵と知識を総動員して、更にはフライまでも費やして彼らに応えたいという絆である。
ボイルを探し、潮目を追いかけ、歩行距離は伸びてゆき、鱒のチェイスに声を張り上げ、バラシたと言っては一喜一憂を繰り返す・・・・

この日、彼が午前中に仕留めたサクラマスも立派だったが、イブニングで上げたサクラマスの暴力的なファイトが印象的だった。
「ホームで連敗」とはこのことなのか?
東京から来て、1日に2本のサクラマスである。
地元の釣師としては、まったく立つ瀬がないのである。

夕日が沈む頃に上げたサクラマスを囲んで、カメラのファインダー越しに見たくしゃくしゃの彼の笑顔が、来年の釣行を約束していた。

しかし、今回だけは少しだけ悔しい・・・・
居付きのゴジラ


12,APRIL,pm15:45
風向:南南西の風
風速:0m~0.5m
波:0m
ウネリ:ナシ
気温:12℃
アメマス:63.0cm

前日には、サクラマスだけを狙うような口ぶりだったけど、やっぱり釣っちゃいました。

当日は低気圧が張り出しており、曇天無風の状況で海面はペタペタ。
そんな状況から察するに、沖からの回遊タイプの希望は薄く、狙いは当然「居付き」に絞られてきます。
かと言って、ただ闇雲に岩場を叩きまくっても釣れる確立は60%くらいにしか過ぎません。
基本的に「居付き」のアメマスとは、捕食行動が「待ち伏せ型」となっていて、それらは物陰に隠れて最接近した捕食物に対して捕食を行うものであり、活発な回遊行動を取らないタイプであるようです。

・・・・彼らは、とってもおくゆかしいのだ(笑)

彼らの居場所が浅瀬の岩礁帯ということで、必然的にエサが小型甲殻類または、多種類の稚魚になる為、ヘアーズイヤーやフェザントテールでルースニングを試したところ、爆釣したこともありましたが、この日はライン交換が面倒だから、いつものようにインターでポイントを探ってみました。

ここいらは辺は均一の海底ではなく、起伏に富んだ海底でもあるためにいたるところで僅かな水の動きが起こります。(凄く微量だから、見逃しがち!)
簡単な一例(今回の状況)として、波打ち際から約3mくらいに頭を出した岩があり、岸と岩の間に微妙な流れが生まれます。
そんな時には、流れの上流側からウエットフライの要領で、そっとフライを流し込んでみるのが効果的だと思います。
魚が付いているならば、きっと何らかの反応があるはずです。
皆さんも、イキナリ遠投の前に、よ~く足元の状況をご確認下さい。

ちなみに、こんなシチュエーションでよく使うパターンは、ソフトハックルやビーズヘッドニンフ、小型のミノーが定番です。

また、これからも何かキッカケがありましたらワタクシの小さな引き出しを開けていきますので、お付き合い下さいませ~


PS:この日はこんな感じの攻め方で数匹のアメマスを釣ったのに、同行していた友人が釣ったのは海タナゴ・・・・(汗)
あの“おちょぼ口”に掛けるんだから、たいしたもんだね!!(笑)

海サクラサク

つり人社から発刊されています、NORTH ANGLER'S vol42にて、サクラマスへのタクティクスが満載の記事が出されています。

・・・ワタクシも、稚拙な記事を掲載させて頂きました(汗)

他には“松前の海アメ番長@ナベさん”や“福島の鬼才@イレナカ”など、北海道南部発ソルト系FFのパイオニアが名を連ね、層々たる顔ぶれのコメントが載っております。

またなんと言っても、kobaさんのとてつもなくイヤラシイ雰囲気を醸し出してるフライが掲載されています!!
アレって、反則スレスレですよね?!
今年は、koba印の付いた魚が増えるのは必至でしょう(笑)
・・・・・今日ウチに来るから、一本貰おうっと♪

とにかくソルト(アメマス&サクラマス)に関心がある皆さんは、一読の価値はあるでしょう!
DSC_0011.jpg


11,APRIL,am11:30
風向:南南西の風
風速:1m~3m
波:0.5m
ウネリ:ナシ
気温:11℃

最近は、サクラマスを意識したタクティクスで攻め続けたせいか、アメマスのキャッチ率が格段に落ちていた。
ここまで魚とのコンタクトが無いと、自分がとてもヘタクソになったような気がしてくる。

言うまでもなく、確かにヘタレFFMなのだが・・・

そこで今日は、思い付いたようにじっくりとアメマスを攻めてみた。
と、体裁を繕ってはみたものの、結局は魚に飢えていたと言うワケなのだが・・・・(笑)

潮の流れもソコソコにあってサクラマスの跳ねはあるのだが、いかんせん沖合い200m~500mくらいの距離でしか起こらず、接岸する気配が微塵も見られないため、沖目の岩礁帯を丹念に拾ってみる。
思ったとおり、連日のルアー(プラグ)攻撃に晒されたアメマスは、4X-Longとは言え#8~#10前後のフライ(ブラックノーズディス:BND)にはすこぶる反応が良い。
試しに、10cm前後のSurf Candyを投げるも全く反応しないのだが、同じレーンをBNDで攻めると、途端にアタックしてくる。
やはりアメマス特有の性格上、浅瀬に居付き易い彼らならば、人為的なプレッシャーにスレるのも早いようだ。
そんなこんなで、40cm~50cmくらいのアメマス数尾を釣り、ご満悦となった単純脳構造の俺は、今夜もビールが美味しくなるワケだ(笑)

沖目の岩礁帯


沖に頭を出してる岩の縁で、最大のアメマスが出ました。
他にも、やや大きめの沈み根の周りから釣れたのですが、この日の潮流は、沖を見て「左→右」に流れており、釣れるアメマスも岩の右側に着いていたようです。
これらの状況を見てみると、やはりイワナの習性なのか潮が当たる潮上よりも、水が巻いている岩の潮下に着くようです。
※何かのお役に立ててください。

これからの残りのシーズンは、サクラマスに狙いを絞れそうです!!

「釣ってやるぞぉ~!!」
“ホ”の字


9,APRIL,am5:15
風向:東北東の風
風速:1m~3m
波:1m~1.5m
ウネリ:少々
気温:4℃

海アメのコンデションとしては、最高の部類に入る日だったのに・・・・

朝一番のポイントは先行者もなく、友人3名と連れ立って入るには十分な状況で、手堅く40cmくらいなら“楽勝”で獲れるだろうと思っていた。
何より前日からの宿泊で前夜はいつになくビールが進み、今朝の集中力の持続性が大変危ぶまれていて、早めの勝負に出たかったのだ。
・・・・が、海中からのコンタクトは一切ナシ!
インターからタイプⅡ、タイプⅢと次々にタナを変えて攻めては見ても、まるでダメなのだ。
唯一、自分と反対方向で釣っていた友人のshoot fish!!
愛嬌のあるつぶらな瞳と、とぼけた感じの口元が印象的です。

その後、7時過ぎに入った小さなワンドで、サクラマスと特大のアメマスのボイルに翻弄され続けて、結果は・・・・・「ボ!」

修行が足りない未熟さに、奥歯をかみ締める日々です(涙)
大好きだったメンソール(涙)


最近は歳のせいか、やたらと自分の健康が気になりだした(笑)
「精神的なストレスからくる・・・・」なんてのは気休めで、元来気が小さい俺としては何処かが痛むととても心配になるのだ(汗)

そこで、数年前からチャレンジしては失敗に終わる禁煙に、またまた挑んでみようと思う(笑)
何やら最近は妙な咳き込みが始まり、とても不安を感じ始めたからだ。
おまけに母方の祖父は肺がんで亡くなっており、そのDNAを受け継いだ俺としてはとっても不安になる成人病でもあるのだ!!

今日は最近にはないくらいの本数で、1日/3本でガマン出来た!(驚)
明日からは、タバコの無い空間で生きて行こう!!

・・・・誰か一緒に禁煙しませんか?

砲弾型の美形


古い写真で申し訳ないのですが、一昨年に運良く釣ることが出来たサクラマスです。
パール&クリアーのサーフキャンディーに、超音速で襲い掛かった元気な魚でした。
(フライの咥え方に注目!!)

さて本題ですが、最近複雑な気持ちになる話を伺いました。

函館近郊の海岸線では、ご存知の通り海アメ&サクラマスが最盛期を迎えているようですが、中には幸運にもフライでサクラマスを釣り上げている方もいらっしゃるようです。
ただ、その中の釣り人がサクラマスを釣った時にこのようなことを言われたそうです。

タフなコンデションの中、やっとの思いで釣れたサクラマスを一目見るなり、「コレは俺達のマスだ」と言い放った御仁がいらっしゃるとのコト。
なんでも、その御仁の言い分としては、腹鰭の片方が欠損または欠落している固体は自分達が放流したサクラマスであるとのコト。
勿論、釣れたマスの所有権を意味する言葉ではないにしろ、釣り上げた傍からそのような表現をされたのでは、釣った本人も何か納得のいかない気持ちにもなるだろう。
まして、地元の漁師とも思えるその風貌から発せられた言葉としては、“海の魚は全て漁師のも”と言った意味合いすら受け取れる状況に、微かな憤りすら感じたのではないだろうか?
(今現在でも、そのような認識を抱いている漁師が実際にいらっしゃるのには閉口します)

さてさて、一連の話の中で私が最も気に掛かったのは、ショアーから狙うサクラマスすら「北海道内のサケ釣り」と化してきたと言うことだ。
以前にはこれほどまでのサクラマスの釣果などは聞かれなかったのだが、近年では驚くほどの釣獲量がある。
その裏では、北海道が推し進めるサケ・マス孵化放流事業の効果があってのことだということだろう。
言い換えれば、行政からの放流という供給源があってこそ成り立つ釣りであって、自然発生的な個体数の増幅・復元ではないといったところだ。

私自身、もともと河川で釣れる虹鱒やブラウントラウトに対しては、「釣った」と言う認識ではなくて、河川資源の枯渇に愁う諸兄貴達が放流してくれたお陰で「釣らせてもらった」と認識している。
それでは、上記したサクラマスに当てはめたらどう捉えるのか?
「北海道が管轄する水産行政に釣らせてもらった」とならざる負えないのか?

・・・・アイツラ相手にそんな謙虚さなんてまっぴらゴメンだ!!
⇒ 続きを読む
フライパッチ、ゴージャス版


例年よりも遅れ気味の気圧配置と季節外れの“たば風”に悩まされながら、今日も行けずじまい(涙)
櫻の回遊が本格化する4月なのに、出鼻を挫かれている。

ま、こんな日は本でも読んで、気を紛らわせるのが得策のようです。
⇒ 続きを読む
// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。