var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、第2回戸切地川現地検討協議会に於いて決められた決定事項、いわゆるゾーニングであるが、行政が釣り人の社会的な地位と、商業ベースにはならない魚の利用価値を認めたと、少なくとも僕は思っている。
電卓では算出されない価値というものに理解を示した行政と、それを主張し続けた釣り人の功労とはもの凄く大きなものであったとも考えている。
そしてこれらを「歴史的な出来事」と形容する方々が居るが、全くもってその通りではないだろうか?
自治体の主導で地元住民が奮起し、もしくはその逆パターンで河川の取り決めを行ってきた事例はいくつかあるのだが、そこに道の水産・漁業者などの顔ぶれは殆どなかったのではなかろうか?
そういった意味でも、歴史的な一歩を踏み出したと思えるのです。

・・・・でもね、ボクにとっての本当の「歴史的な出来事」ってのは、実は既ににあったんですよ。
6年前の夏のことですが、本当に、本当に、涙が出るくらい嬉しくって、叫びたかったくらいの出来事だったんです。
それは厚沢部町を流れる鶉川ってところに「キャッチ&リリースエリア」が出来た日でした。
凡そ4年半もの時間を掛けて、地元住民からの理解を得て、町の商工観光課や観光協会からの理解と期待も得て、もちろん町長以下助役などからの了解も得たうえでの設定でした。

水辺の看板


エリア内には、毎年5万粒前後のサクラマスの発眼卵を埋没したり、時にはサクラマスの稚魚を4千匹も放流したり、ニジマスの発眼卵も毎年放流されていました。
エリア内を通る林道には、目に付く所全てにC&R推奨の看板も多数設置されていたんです。
その後も、道南の川を考える会の皆さんに手伝ってもらって、看板の増設やごみ拾い、サクラマスの放流なども行ってきました。

・・・・でもね、結果から言うと、失敗に終わったんですよ。

なぜって?

だって、エリア内には魚が居ないんですよ。
まともに釣れる魚が居ないんです。
川がカラッポですよ。

その原因は、看板が呼び水になって魚をキープする連中がこぞって入るようになってしまった・・・
車中のクーラーが3つ4つは当たり前の状態です。
ヤマメもニジマスもびっしりと入ってましてね、もう「あそこに行けば、必ず釣れる!」みたいなウワサまで流れましてね、それを見ていた同じ側だと思っていた友人に、声高々と笑われてしまったんですよ。
ボクの努力が水の泡に帰ったところをね。
失敗していく様が面白かったんでしょうね。
次いで、釣具屋さんに顔を出せば常連客は「もっと魚を放流しなきゃ!」ですとか、「退職した年寄りを、パトロールに歩かせろ」とか、「キープしてるヤツラを見かけたから、オマエ行って注意して来い!」とかね。
いや、段取りや経費なんかはカンケーないんですね、彼等には。
要望なのか何なのか分からない勢いで、ただ釣りたいから文句をぶつけて来るだけ。
もちろん自分は、整った釣り場が出来ると、そこでひたすら釣るだけなんだけどね(笑)

まぁ、よくある話なんでしょうねぇ。
そんな思いをしたボクだから、「隣の庭は青く~」じゃないですけど、渚滑川なんかがとても羨ましく思えてしまう。
あんな風に、釣り人も地域も皆協力的に川を見守っていけたなら・・・・・

だから、この度の戸切地川現地検討協議会で決められたことが逆に呼び水となり、「魚が消えてしまうんじゃ・・・・」という不安感が拭えないんです。
いくつものフィッシィングスクールなんかを行ってきた川(鶉川C&Rエリアもですが)ですが、きっとそれは魚が釣れている内だけの話でしょう。
再び魚が消えてしまうようなことが始まれば、誰かが保護や復元といった措置を講ずるなんて思えませんものねぇ。
道としても産業ベースでもない魚の保護(オマケに外来魚ですし)には見向きもしませんから。
今はかろうじて、林道崩壊後の復旧に時間がかかり源流部までは行けないのですが、来春以降には開通する見通しですから、その後はたくさんのクーラーを抱えた車が入り浸るのでしょうねぇ・・・・

平均的な戸切地タイプ

これからの戸切地川を考えると、<対:行政>ではなくて、<対:釣り人>への構図転換が始まるのかと思えば、先行きに不安を拭えなくなってしまう今日この頃です。
「何とかせねば・・・・」と、考えてしまうのは、ボクの取り越し苦労なのでしょうかね?












スポンサーサイト
非常に飽きた。

朝から出歩くことも許されず、もちろん釣りになんて出掛けたら、嫁からたちまちカミナリが落とされます(涙)
まるで緊張感の無い生活・・・・・

「飽きた。。。」

脳ミソがトロけ出して、豆腐のようになる前に体を動かさなくては!!
ってことで、仕事復帰してしまいました(笑)

おりしも、季節は夏。
市場には、琵琶湖産の養殖アユが陳列されています。
丸々と肥え太った25cmくらいのアユ達。
見ているだけで川の流れに立ち込み、身動き一つせずに囮の一挙一動を目で追う緊張感がよみがえってきます。
引船の重みを腰に感じて、ジリジリとする暑い日差しの中での釣り・・・・

通称・鮎の瀬


あ~早く釣りがしたい!!











白状します。

昔々、ボクは相当のワルでした。
いえ、不良やらツッパリ・・・・悪童とか、ゴロツキとかの類ではないんです。
どちらかと言うと、人畜無害のおとなしい顔をしていても、その裏側では姑息で悪知恵のとっても良く働くクソガキだったと自負しております(笑)

そんなオレが小学生の頃、母方の叔父に連れて行ってもらった初めての川釣り。
キレイな水がサラサラと流れ、たくさん虫に刺されながらも釣れてくるイワナやヤマメ、ウグイにすら感動を覚えていたのを思い出します。
短い振り出し竿に細いテグス。
付いてんだか、もげそうなのか解らない目印(募金すると貰える赤い鳥の毛のヤツ)。
エサは定番のイクラ。
最初は2~3匹も釣れりゃあ大満足で、親父やお袋に見せて喜んでた。
しかし、3回、4回と出掛けるうちに魚の数が欲しくなる。
7回、8回ともなれば、そこにいる魚を全て釣りたくなっちまう。
コレ、いたって正常な農耕民族のDNAが生み出す悲しい性ですね。。。
しかし、相手は川魚。
警戒心はハンパじゃない。(←当時は忍者になれなければ数は釣れないと思ってた)
そこで考え付いたのが、「相手を興奮のルツボに陥れてやればイイ!」だ。

さっそく悪知恵が働きました。

親父と市場に行って、サケの魚箱に残っている溢れ出たイクラを掻き集め、それを持って行ってポイントに「ドボン」と投げ入れるのだ。
なにせ、スーパーの袋に2~3袋も取れるのだから、ポイント1箇所につき片手でポイポイと3発くらい喰らわせる。
ヘラ釣りで言う「爆弾釣法」だ。
もう、流れ込みから散らばるイクラめがけてイワナやヤマメの舞い踊りが繰り返される。
それからおもむろに針を流すんだから、文字通り一網打尽ってヤツでした・・・・・



今朝のセリで季節はずれのサケを競り落とし、店でさばいていた時溢れ出たイクラを前に、妙に思い出される幼少の記憶・・・・・

黄金に輝く1粒の・・・・エサ?
(携帯画像)

同じ思いで、リリースを覚えた18歳の頃、子供の頃の大量虐殺に酷く悔やんだことがある。
最近の道南界隈の河川資源が枯渇してしまっている原因の一端は、紛れも無くオレにもあるのだから。

親魚から出したてのイクラ塊
(携帯画像)

それに気が付いてからは、自己反省と自責の念が今でもオレを苦しめる。
せめてもの懺悔として、毎年サクラマスの発眼卵放流を繰り返しているのだが、なんの気休めにもならないだろう。
昨年秋でかれこれ20万粒を超えているのだけれど、オレが殺した野生の鱒は帰ってくるわけではない。

もし、あの頃の自分に今のオレが川辺で出会えたならば、きっとこう伝えるだろう・・・・・

「ゴラァ!クソガキがぁ!」
「いったい何匹の魚ブチ殺しゃあ気が済むんだぁ!」
「撒き餌なんざぁ使いやがって!!」

トーゼン、問答無用のゲンコツと撒き餌の没収も忘れませんよ!

モチロン、こんなお仕置き(暴挙?)に出られるのは、自分で自分に出会えたなら・・・・ですがね。














11月13日に立てたエントリー「触れ合う心/http://kawanikki.blog57.fc2.com/blog-entry-184.html」。

慣れない仕事に忙殺されながら、新聞の切り抜きが目に止まる。
「今頃は、アイツ等みんなどうしているだろうか・・・・・」
小さい手をいつまでも振り続けていたあの日のことが、今も鮮明に心に残る。

「もしかしたら、他人の人生に干渉しすぎているのかもしれないな」と、誰かに言われたことだってある。

オレ自身、間違っちゃいないと思いたいが、それを肯定する材料など何も無い・・・・
ただ、子供達が笑ってくれればそれだけで幸せだった。

初めて触れた水棲昆虫


そんな折、彼らから手紙(作文)が届いた。


ぼくは、サケの観察でしたが雨で中止になりました。
けど、サクラマスと言う魚のタマゴを埋めました。
あと、クマのひっかいた痕や、シカの食べた痕などいろんなものがありました。
サクラマスのタマゴはぬべぬべして気持ち悪かったです。
もっと、いろんなことしたかったです。
昼は、カレーうどんです。
だんごも食べました。
楽しかったです。
約束もしました。
「4年後でもいいから来てね」って約束しました。
楽しかったです。
ありがとうございました。
                          ―たつみ―

この間はどうもありがとうございました。
あんな雨の中、一生けん命教えてくれて、ぼくは幸せです。
サクラマスのタマゴを植えるのは、冷たかったけどガマンしてやりました。
探検は、クマが木を引っかいた痕があって怖かったけど、だんだんドキドキしてきました。
シカのウンチやクマやシカが木の皮を食べた痕があったり、クマやシカが土を掘った痕があって本当に楽しかったです。
ご飯はみんなで力を合わせて作ったカレーうどんはすごくおいしかったです。
来年もまた行ってちがう体験したいです。
                          ―ひろむ―

この間はどうもありがとうございました。
サクラマスのタマゴを埋めるのが楽しかったです。
川が冷たかったですでも、森がきれいでした。
ご飯がおいしかったです、切るのが楽しかったです。
ヘビが出てきて欲しかったです。
エビや魚も見たかったです。
もっと勉強したかったです。
晴れてたらクマにあいたかったです。
らい年もぜったい行きたいです。
今度はちゃんと晴れてたらサケやクマやシカを見たいです。
ありがとうございました。
                          ―たかし―

みんな本当に有り難う。
みんなの書いてくれた手紙が、オジサンには凄く嬉しかったんだ。
本当に嬉しくって涙が流れたんだ。

みんな、本当に本当に「ありがとう!!」










あの流れの向こう側に・・・・


あの山並みの麓に、待ち焦がれた流れがある・・・・

ここに来るまでにいくつもの山を越えた。
空へ向かってひたすら登り続けた。
数を釣る為でもない、大物を狙うつもりも無い。
全ては隠れてしまった自分の想いを掴む為に。

「キムン・カムイ」

広大な山脈の神々に抱かれるため、この地を目指した。

流れに踏み入ることへの幸せと、癒されてゆく時間・・・・

手を伸ばせば触れられる非現実的な世界。


カムイ・クリーク



なぜだろう、そこには自らの煩悩が通用しない世界が確かにある。
もしかしたら、天国に一番近い川なのかもしれない。

満たされてゆく心と体がバランスを取り戻す頃、遠い麓の街を振り返る。

それはカムイ達との別れの時だった・・・・




シャックラスターっての?


川辺のあちらこちらでヒゲナガのシャックが吹き溜まっています。
もうそんな季節なんですね・・・・


釣れたヤマメに一喜一憂し、夕暮れにはハッチばかりを追いかけていたあの頃。
一晩中毛鉤を巻いては、試行錯誤が楽しかった。
バイスに手を掛けたまま、眠りこけていたこともあったっけ。

あの時、茜色に輝く川縁がオレの居場所だったように思う。

子供達の歓声
アユの食み跡
石の匂いに草の音

風が運んだ季節の移ろいは、やさしく川を包み込む。
今でも残っているだろうか?
オレの居場所もあの頃のままに・・・・






俺の遊び場・・・・・

懐かしい潮の香り・・・・


初めて釣りをしたのはこの浜辺だった。
今も忘れない、克明に記憶している家族との思い出。

消波ブロックなどなかったあの時代、父と兄とまだ小学校に上がったばかりの俺は、焚き火を囲んで釣れた魚を焚き火にくべていた。
こんがりと焼きあがった魚を頬張る子供達を遠巻きに眺めながら微笑んでいた母親。

いつからか、放課後は自転車で乗り付けて魚を釣る毎日。
初めて魚をヤスで突いたのもこの浜辺だった。
ウミガメが網に掛かり、代わる代わる漁師がお神酒を飲ませリリースしていたのもこの浜辺だった。

今はもう、あの頃の面影などはどこにも無い。
歓声を上げて泳ぎ回る子供達の姿も見かけなくなってしまった。

切ない思い出と、グラデーションの癒し。


紫色の海と空、そして潮の香りは、純粋だったあの頃のままなのに・・・・

オレに子供ができたなら、きっとここで釣りを教えるに違いない。
見るもの全てにワクワクとする、小さな小さな夢の塊。
初めてとなる釣りの思い出は、あの頃の家族のようにと願いつつ・・・・

// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。