var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もうPCに向かう時間もなくなってきたし。。。
毎朝4:30には起きなきゃアカンもんで、夜も11:30が精一杯(眠)


少しでも釣りに関わる時間が欲しくて巻いてはいても、集中力が続かない・・・・


漁港に出かけてタイイングのチャンネル変えたつもりだったけど、結局は虫系に走ってしまうし。


ヌルピカ系ユスリカピューパ


先日届いたマテリアルで巻きたかったフライの1本がコレ。
サイズを#14とかにして、晩春の阿寒湖でオオユスリカの釣りに使ってみたいなぁ・・・・・
本当は、11月から12月の尻別川なんかでも試したかったのに、天候がねぇ(涙)



今後は正月越して、少しのんびりしてからですね。

それまではしばらくのお休みです。



これまで色々とお声を掛けてくださった方々、コメントを寄せて頂いた皆様、釣り場で出会った沢山の方々、そしていつもボクを見守ってくれている大切な友人達、今年も大変お世話になりました!!
2011年もとても楽しく過ごすことができました。

本当に有難うございます!!


どうか皆様にとって、来年が最高の年になりますように。





-Tight Line!!-








スポンサーサイト
今年使い倒したニンフを補充してます・・・・


#14メインのボックス


割とベーシックなパターンが多くを占めています。
今はそんな気分なんですね。
ヒカリ物をふんだんに使ったり、ケバケバな妖しいマテリアルを使用するにはちょっと気が引ける今日このごろ・・・・



#12ヘアーズイヤー



ちょっぴりシンセティックなマテリアルも使いますが、これが今のボクのマイブーム。
敢えてバランスを崩し、ウイングケースを大きめにして誇張してるのは、メダリオンシートの質感が羽化直前のニンフみたいだから。



ヌルピカ系



色違いのオーバーボディーは・・・・・・・ま、現場で濡れた状態を見れば分かると思います。
物凄~く些細なことで、独りよがりなことなんですけどネ(汗)
実際、他のパターンと釣り比べたことがないので、「コレだからこそ釣れる!!」なんてこともなく、単なる思い込みと思い入れが具現化しただけ。
でも、だからこそ自分の魂が入るってもの。
1本入魂みたいな(笑)



アクセント・ボディー










・・・・・・・あぁ、だんだんフライを巻く時間も少なくなってきた。

12月よ、早く過ぎ去れっ!!(怒)

















また始まった・・・・・



貯まりに貯まったクズフライ



廃棄予定のクズフライ。
どうしよか?



こっそりとデカイニジ釣ってたヤツがいたしなぁ・・・・・・(笑)











3ヶ月くらい前から、右手親指の先端部が部分的にタコのような固い皮で覆われ、マテリアルなどを摘まむと酷い痛みが走っていました。
これは今年の春にブリを捌いている最中、ブリの尻ビレの先にあるトゲが刺さり、同時にトゲが折れてしまい指先に残ってしまったのです。
その後約1ヶ月ぐらい放置していたら酷く痛み、化膿して腫れてきてしまったのです。
困ったボクは北海道内はもとより日本国内でもトップクラスの治療技術を持った病院でもある 函館整形外科クリニック さんでトゲ抜きの処置を施していただいたのですが・・・・・

それから数ヶ月後・・・・・

釣りに行けなかったこの日、朝からタイイングしていると時折親指からの激痛が走り、集中力を削がれることに相当苛ついていたんですね。


とっても痛いのねんのねん・・・・(泣)


フライを5つほど巻き終えたとき、もうこの痛みの波状攻撃に耐えられなくなり、外科的手術を敢行することに決定したボク。

意を決して手術台(バイス)の上に右手を乗せます。

手術器具は
TIEMCOシザーズ
TIEMCOピンセット
12年前の電気スタンド
痛いときにくわえる手拭い


右腕の脇を絞めて思い切り固定し、皮の固~くなった部分の根元付近を静かにシザーズでハサミます。

「…………。」

ちょっとイヤな雰囲気がしますが、ここは男の子、後は気持ちの問題です。

もしかしたら痛いのかなー?なんて気もしていましたが、鼻毛を抜く要領で、一気にいってしまいましょう。

「……エイッ!」

「ジョキッ!!」

「……………んああぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!」

「……………(号泣)。」

剥がれゆく表皮の一部を冷静に見送りながら、きっとすぐさまやって来るであろう痛みに対し、歯を食いしばり、全身全霊で耐える準備を整えましたが、その刹那、期待を裏切らないか、いや、期待以上の激しい痛みがボクを包みます。
額からは脂汗なのかオヤジ脂なのか解らない液体がダラダラと流れています。
すでに脇の下からはヘンな汁が溢れ出ていて、ボクの魂は空中浮遊を始め、口からはエクトプラズムがダダ流れとなっています。
下のリビングではボクの悲鳴にビックリした犬がワンワン吠えてます。

どうやらボクも一気に逝ってしまったようです。

5分後、ようやく意識を取り戻したボクは恐る恐る指先を覗き込みます。


アレ?何だコレ???


すると、硬い表皮の下にはポッカリと小さな空間があり、そこには正体不明な物質が詰め込まれていました。
サイババの恨みを買ったのでしょうか?怪しい物質を取り除いてみました。


除去した皮と怪しい物質



所々オレンジ色に見えるこの物体が痛みの発生源だったのでしょうか?
触ってみるとカサブタほどは固くないのですが、コリコリしてます。

「クンクンクン・・・・・」

少し臭いですね。


ちょっと臭ちゃいの。。。


まぁボクの体の一部だったのでしょうから、いとおしさも多少ありますが、さっさと捨てちゃいましょう。


さてさて、このサイババが仕込んだとしか思えないこの肉塊は医学的にはなんなんでしょうね?
どなたかご存知でしたら教えてくださいませ。


さぁこれでいつも通りのタイイングフィーリングが戻ることでしょう。
ブサイクな毛鉤をこれからもせっせと巻かなければ!!














スーパーミレニアム【スト・パラ】

こんなんばっか巻いてて、肝心要のシマトビがさっぱり思い浮かばない。。。

ゲーリー大先生のスパークル系じゃ多分相手にしてもらえないだろうし、かといってあの短いプライムタイムの中、いきなりソフトハックルの延長線上にあるようなフライで釣ったところで面白くもなんともないし・・・・
フライフィッシングの取っ掛りがウェットだったボクとしては、ソフトハックルよりはマーチブラウンやらピーコッククィーンで釣った方がまだマシとか思っちゃう(汗)

ピクピク動いてたのよ・・・・

どうよこの感じ?

ヌメッとしたシルエットにミラーフィルムをまとったウイングが最高潮に萌えさせやがる!
おまけに「カディスフック」と言わしめるほどのこのベンドバックがもう・・・・

あ、シャックって、本来の取り付け位置ってココだったって知ってました?


















このたびの【サクラマス対応フライシリーズ】は、阿仁多さんの¥4.500で落札が決定致しました!!

参加者がものすごく少ない中で、唯一阿仁多さんが落札していただけました事、深くお礼申し上げます。
つきましては、ボクの方から阿仁多さんへほんの少しのサービス品(ナイショだけど、スペシャルな一品)を添えて送らせて頂きます。

それでは落札者であります阿仁多さんは、このエントリーのコメント欄にメールアドレスを入力して、発送先やお名前(フルネーム)ご連絡先を明記の上ご返信下さい。

※ この場合、個人情報等の問題がありますし、阿仁多さんご本人にご迷惑をお掛けしてしまう恐れがありますので、【SECRET □ 管理者にだけ表示を許可する】に必ずチェックを入れて下さい。
ボクの方で確認出来次第そのコメントを削除し、発送の準備をさせて頂きます。

ボクの方からメールが届きましたら、【東日本大震災緊急災害募金】にご入金した半券又は領収書(写真でもOK)をお見せ下さい。
それが確認出来次第発送させていただきます。

どうか宜しくお願いいたします!!






-KABU'S FLY オークション第2段の開催です!!-

ボクが巻いたさほど釣れそうもないフライですが、ご覧の皆さんの中で買っていただける方を探しています。
購入方法は、コメント欄にハンドルネームでけっこうですのでご希望の金額を記してください。
今週の金曜日(4月28日)午前0時までにコメントいただいた方の中で、一番高額の方へこちらから連絡いたしたします。

落札が決定された方は、落札額と同額を最寄のATMや銀行窓口、郵便局などで「東北地方太平洋沖地震」の緊急災害募金へご入金後(落札者ご本人名義)、その領収書または半券をボクに送って下さい(日付と金額が分ればメールに添付した画像でもOK!)。
※ 現金での受け渡しは、受け付けていません。


さて、今回は4月の下旬から5月いっぱいまで狙えるサクラマス用のフライです。
とは言いましても、海アメ用のフライの中から過去にサクラマスが高い反応を示した物をピックアップしただけのフライです。
しか~し!!
侮ることなかれ!!
友人はこれらのフライで60cmを超える極太のサクラマスを釣り上げましたし、更にはライズしているサクラマスへミノー系やらキャンディー系やら何やらを投げ入れても反応しないままに、このフライを投げ入れたとたんにガップリと食らい付いたという逸品も御座います。

どうか皆さん、少しでも高くお買い求め下さい。
よろしくお願いいたします。





① サクラマスの定番『サーフキャンディー(ピンクカラー)』

ピンクキャンディーは釣れます!

数年前から実績が急上昇のピンクカラーです。
サクラマスのメッカ熊石の鮎川海岸では、このピンクカラーだけがコンスタントにサクラマスとのコンタクトが取れるとエキスパートな友人を言わしめる程のポテンシャル。
未だサクラマスを釣っていない方は、ぜひ!!




② ボクもこれで何度も救われたことがある『ペレダブ・ダークオリーブパターン』です。
  
一番信頼できるフライです!

昨年も紹介していて毎度おなじみの感がありますが、しかしサクラマス狙いの現場では実力派のパターン第一線で活躍していますので、自信を持ってオススメできるフライです。





③ 最近では地味に人気があり、相当数の釣り人が巻いている『コンブランナー』です。

本人直伝!

ティムコ社に勤務するの近藤氏のオリジナルですが、そのポテンシャルは折り紙付き!!
彼のDVDで松前海岸にて次々とサクラマスを釣上げていたのがこのフライです。
もしかしたら、サクラマスを釣る為にはこのフライを使うことが一番の近道なのかもしれませんね!




やっぱりこんなフライなんかでも買っていただける奇特な方が居るのか?と思うと、もの凄~く不安でいっぱいなのですが、ぜひぜひ入札にご参加下さい!!
今回も3種類を3本セットの合計9本で販売したいと思います。
スタート金額は1本/¥200×9本の¥1.800から始めたいと思います。




くどいようですが、現金での受け渡しは受け付けていません。
ATMや銀行窓口、郵便局などで「東北地方太平洋沖地震」の緊急災害募金へご入金後(落札者ご本人名義)、その領収書または半券をボクに送って下さい。(日付と金額が分ればメールに添付した画像でもOK!)


ご購入予定の方は、上記の落札方法を今一度ご確認下さい。

宜しくお願い致します!!
















-KABU'S FLY オークションの開催です!!-

ボクが巻いたさほどカッコ良くもないフライですが、ご覧の皆さんの中で買っていただける方を探しています。
購入方法は、コメント欄にハンドルネームでけっこうですのでご希望の金額を記してください。
来週の水曜日(4月6日)午前0時までにコメントいただいた方の中で、一番高額の方へこちらから連絡いたしたします。

落札が決定された方は、落札額と同額を最寄のATMや銀行窓口、郵便局などで「東北地方太平洋沖地震」の緊急災害募金へご入金後(落札者ご本人名義)、その領収書または半券をボクに送って下さい(日付と金額が分ればメールに添付した画像でもOK!)。
※ 現金での受け渡しは、受け付けていません。





さて、今回のフライは、4月~5月にかけて一番ヒートアップする海アメ用のソルトフライです。
ボクが使用している中で、使用頻度と釣果がダントツに高いのを3種類ほどピックアップしました。
度重なる試行錯誤を経て今現在定着している物で、どれもが松前海岸では大型をキャッチしているパターンです。


① ソルトの定番『サーフキャンディー』

テッパンキャンディー

ソルトウォーターフィッシィングでは鉄板フライです。
フックはTMC 811S を使用していますから、ヒラメが来ても大丈ブイ!!



② 過去にナナマルを釣った『ホワイトベイト』

ホワイトベイトとはシラス系です!

晩春から初夏にかけての松前海岸では、サケ稚魚よりもこっちを食ってる個体が多いことは、あまり知られていないようです。
実際、マジで良く釣れます!!



③ スレた状況でも安定した効果がある『シーニンフ』

何を模していると言うワケでもなく・・・・

サーフ、ロック、ウィード周辺、何処に投げても良く釣れたフライです。
今年の1月の漁港で、彼が釣りまくっていたフライがコレ!!






さてさて皆さんお幾らでハンマープライスして頂けるのでしょうか?
たかだか1本/¥50でもおつりがきそうなフライばかりですが、どうか東北地方の復興へ向けた義援金ですので、なにとぞ色を付けたお値段をお願いします!!


この9本で御座います・・・・・(汗)
(※ 注:フライを挟めているフォームは売り物では御座いません)


もしかしたら、だ~れも買い手が付かないままかも?と思うと、もの凄~く心細いのですが、これら3種類を3本セットの合計9本で販売したいと思います。
スタート金額は1本/¥200×9本の¥1.800から始めたいと思います。




くどいようですが、現金での受け渡しは受け付けていません。
ATMや銀行窓口、郵便局などで「東北地方太平洋沖地震」の緊急災害募金へご入金後(落札者ご本人名義)、その領収書または半券をボクに送って下さい。(日付と金額が分ればメールに添付した画像でもOK!)

ご購入予定の方は、上記の落札方法を今一度ご確認下さい。

宜しくお願い致します!!














フタバ・・・・・・

スレッカラシの食いモン

それらしいライズフォームじゃなくて・・・・・

アップでどうぞ

これで掛けた・・・・・

フタバ・DD

こんな釣りももう終わり・・・・・

夕刻、大鱒の流れ


残りのワンチャンスは11月中旬の“インディアンサマー”のみ・・・・・







「出会えるかなぁ・・・・」






先日、友人と話している最中に話題になったスペント・カディス。
これから迎える初秋~晩秋にかけては、ボクの中ではファーストプレゼンテーションの出番が最も多いシリーズ。
しかし、アレコレと手の込んだパターンなんかよりはシンプルなこの形がイチバン結果を残している。
そんな位置づけのフライです。
恐らくは殆どの方が持っているパターンだとは思いますが、敢えてアップしてみました。

コレ、実は相当奥深いフライなんですよね。
ボディーのマテリアルやらテールやらの変更とアレンジによっては、殆どの虫をイミテートしてしまう。

ボクが初めて見たのは、確かイエローストーンのゴールデンとかペリカンクリークのカットなんかを釣るときに「カンタンに巻けて良く釣れる!」みたいな記事だったと思う。
フライ全体が水面に張り付いていて、フルスペントのウイングが絶妙だとかなんとか・・・

いわゆるノック・ダウンパターンと言うヤツですね。

部屋でボンヤリとしているとどうしても番長との思い出ばかりを考えてしまうので、しんみりした気分を振り払うように、お茶濁し程度に巻いてみました。





スペントカディス・ノックダウン風

ボディーは基本的にはダビング材であれ、クイルであれ、なんでもよろし。
ボクは吸水後の変色とかを考慮して敢えてニンフダブのミントグリーンとかオリーブ、タンカラーなんかでシマトビケラやらコカクツツなんかをイメージしています。(← ※コレはただの自己満足ですね)

ポッテリな感じで・・・・

ウイングは、ハイビスやジーロンなんかの多少透明感があって安価で入手しやすい物がよろし。
モロフォファイバーなんかをブレンドすれば、なおのこと雰囲気が出ますがね。

真横に取り付けました

サイドに取り付けたウイングを逆側に折り返して、その後で2~3回タスキ掛けでスレッドを巻けば、上手に広がります。

V字になってるでしょ?

そんで、見やすいのと沈まないのと浮き加減がよろしいのとで、ラムズウールなんぞを乗せるとよろし!
エアロドライとかですと重たくなりますし、CDCなんてのは屁の突っ張りにしかなりもさんです。

多少多めに取り付けても、コンパクトになります。

んで、最後はヘッドにスクイレルかラビットかお好きなダーク系ファーを少々巻いたら出来上がりですわ。
所要時間は5分もあれば十分でっしゃろ?

ソラックスは大雑把にがキモ

北海道のウブなライズ野郎にはけっこう効きまっせ!
ま、ピーパラの聖地でも逆転イッパツはコレでしたけどね!!

※ 下から見たウイングです。

扇状に開いてますでしょ?

真下から



ま、ハッキリ言ってなんのヒネリもないフライでした(汗)






取り急ぎ、どうかご参考まで~











// HOME //  NEXT
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。