var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近友人と話していたときに、大型のニジマスに関しては「道北エリアにはメスが多くて、道東にはオスが多く残っているような気がする。」と言っていた。
言われてみれば、そんな気がする・・・・


黒点に特徴があるタイプ


そんな中で、一部の河川ではカットボーのようにエラにオレンジのラインがしっかりと刻まれていた魚が多数見られたり、黒点に特徴的なモノがあったりと、個性が強く出ている河川もある。
ボクは個人的に「先祖返り」的な部分が突出して出来た個体群なのかな?と思っているのですが、双方の魚は通常のニジマスの同サイズよりも明らかに強い。
古い友人などがよく言っていた「十勝のニジマスでも、黒点が全身に出ているのが“原種”に近いタイプ。」「コイツらは、むちゃくちゃ強いゾ!!」の言葉が妙に納得できる話だ。


道北のメスニジ


「もしそんな強い魚ばかりが増えたら、どうなるだろう?」


ニジマスに関しては幸い河川別の個体群やら地域の系群などといったデリケートな問題などがないので、取り急ぎ、この特徴的なニジマスに関して友人や友人のそのまた友人、または各地で運営していらっしゃるブログなどを通して伺ってみたのですが、取り立てて特異性を持ったニジマスが居る養鱒場はなかったり、複数の養鱒場から出荷された魚が放流されていることで、どこの血が色濃く出ているのか不明だったりと、まるで雲を掴むようなアンバイに・・・・

でも、もしこんな強くてタフなニジマスばかりが渚滑川や阿寒湖なんかで大きく育ち、釣り人を翻弄させてくれたならどんなに楽しいだろう?
もしかしたら、外国にも引けを取らない釣り場になるんじゃなかろうか?
そう思うと、そんな個性的なニジマスの発眼卵を買い付けて放流してみたくなってしまうのです(汗)




10メートル先の流芯わきで#12CDCライツロイヤルをくわえた魚は、バッキングまで一気に疾走・・・・・
ロッドはのされ、リール内のバッキングがみるみる減っていき・・・・・


理想の釣り場へ向けて・・・・・


そんな魚ばかりが住む釣り場がいつの日か出来ることを願って、今はその準備をしておくしかないようです。
来月にでも、ニジマスの生態についてはエキスパートな方に色々と聞いてみることにしましょう。
いつの日か、そんな最上級な釣り場を作るためにも・・・・





※ この度、色々とご協力頂いた友人やそのまた友人の方、そして各地域で頑張っていらっしゃるステキなブログを運営されている方、本当に有難うございました。
放流に尽力されている方々の購入先を教えて頂いたり、ニジマスの個体別による移動のタイミング、北海道内外のニジマス購入の善し悪しなど、どのお話もとてもタメになるお話ばかりでした!

この場を借りて、深くお礼申し上げます!!
もし、理想的な釣り場作りに一歩でも近付きましたら、即刻報告したいと思います!
この度は本当にありがとうございました!!










スポンサーサイト
ここ最近の函館の魚市場には、コンスタントにギンザケの水揚げがあります。

養銀(よーぎん)と呼びます。


これらは北米へ回帰するはずのギンザケが、通常の回遊ルートを逸れて北海道へやってくる天然魚のものと違い、東北地方で養殖されたギンザケなのです。
それが明らかなのは各ヒレが擦り切れていたり、エラやアゴの一部が欠損していたりするからなのです。
最も顕著に現れている放流魚の明かしは、尾ヒレの先端が切り取られていることでしょう。

尾ヒレの欠損


水揚げ当初は、函館魚市場の職員も季節外れのこの魚に戸惑い「マス」と名札を入れてしまうこともしばしば・・・・

「マス」の文字


ではなぜこんなにも養殖魚が逃げ出しているのかというのは・・・・・

そうです、あの大勢の人の命を奪った大津波が、遠く沖合に設置していた養殖施設をも破壊し、すべてのギンザケの生簀をもぬけの空にしてしまったのです。

震災から約半年、こんな所にまで影響を見せているのです。

これまで莫大な経費を掛けて成長させ、出荷直前のものまで喪失してしまった漁業者の方々。
そしてご自宅や職場まで津波で失ってしまった方々。
中にはご家族、ご友人をも失ってしまった方々もいることでしょう。



心から東北地方の復興を祈るとと共に、すべての漁業関連を含めた失業者の方々へ、何よりも早く救済の手がこの国から差し伸べられることを祈らずにはいられません。。。












週末からの雨で、結構な水量になったんだろね・・・・・

ジャージャー降りのヨーテイ


だって、道路がこんなでしたもん・・・・・

ウォータースライダーばり!


いたる所で・・・・・

側溝オーバーフローでやんす!



それでも午前中は真夏の日差しに恵まれて、幸せな時間を過ごすことも出来たし。


真夏の終わり、夕立の前触れ。


濡れネズミのまま夕暮れに包まれたら、なんか泣きたくなってきちゃったし・・・・・


優しい夕暮れ


今年も色々と学ばせてもらいました。
今年は最低な状態が継続してるけど、それでも新たな発見がいっぱいあって楽しかった。
ホントに「ありがとう」って思えるよ。
誰に対してってワケじゃないんだけど、なんだかそう思うんだ。

ボクの中ではまだまだ続く“ヤマメ道”だけど、今年ももう僅かになっちゃった・・・・・
なんだか季節の移ろいに切なさを感じるのは、歳をとった証なんやろなぁ・・・・・


ややっ!? 




寂しいなぁ・・・・・














道南渡島地方を流れる函館川の支流、函館左二股沢で釣れました。

銀ピカヤマメ


本流沿いに走る林道を農家のサイロ前で左に曲がり、ゲートの手前で車を降りると遡ること30分で大きな淵に出くわします。
丸く突き出た大岩の上にある1本杉が目印です。



ボクは最初に良いポイントだなぁーと思いました。
ここは大物が居ると思い、慎重に近づきました。
ボクはテレストリアルをイミテートしたエルクヘアーカディスの#12で釣りました。
流心に投げたら「ガバッ!」と出てきました。
凄く引きました。
また投げたらもう一匹「ガバッ!」って出てきました。
またまた良く引きました。
銀ピカのキレイなヤマメなので、せっかくだから殺して食べようと思いました。
家で測ったら29cmもありました。
ボクってヤマメ釣りが上手だなぁーと思いました。
とても面白かったです。

KABU














「なーんつって!」






くだらない小芝居にお付き合い頂きまして、大変お疲れ様でございます。
間違っても「函館川 函館左二股沢」とググらないように!(笑)

コレ、今朝の函館湯ノ川~石崎に面する海域で捕れたサクラマスなんですけど、写真じゃよく解らないですがパーマークがうっすらと、しかしクッキリと出ているのです。

やっぱり見づらいねぇ・・・・・


こんなのが遡上してきて川で釣れたなら昔は「戻りヤマメ」とか「海水浴ヤマメ」(←殆どが大型のヤマメを指す)なんて言われてて大変歓んだものですが、ハッキリ言ってそれ、密漁になるんでよね。。。

大凡の、世間一般で、極々フツーに語られているサクラマスの定義(北海道内)とは、海面もしくは湖などに降海した個体群を指します。
では、「海水浴ヤマメ」のように、たとえ短い時間であったとしても海面に降りて再び河川戻る30cmに満たない個体でもサクラマスですから、上の写真のようなパーマークが出ている個体であれサクラマスには違いないですから、釣った途端に密漁者になりますよね?

ま、そもそもサクラマスとヤマメとを線引する定義とは曖昧なものでしかありませんから、間違えてトーゼンと言えるかもしれません。
ただしこれは、比較的魚体が大きな道南地方での話。
もしこれが小型のサクラマスが多い道北地方だったなら・・・・・


こんなことを考え出したらキリがない【北海道内水面遊漁規則】です。
もう少し現場に則した細かな取り決めが必要な時が必ずやってくるとボクは思っています。

普通の民間人(釣り人)が、「これは生態調査だから!」と思い切り胸を張って禁漁期間中にヤマメを釣り、「元気なヤマメが居ました!!」とリリースする。
もちろん特別採捕許可など取得していませんし、「リリースするから、これは密漁の範疇に含まれません!!」と自分勝手な解釈で堂々とヤマメを釣る。
オマケにその行動を、「自主的に調査をするなんて、なんてスゴイ人なんだ!」と、賞賛する方も居るくらい。。。(汗)






「内水面遊漁に関しては“泥沼”に足を踏み入れるようなもの」と表現した役人もいましたが、その泥沼を放っておいたツケは、あなたがたに返るのです。
そうなる前に官・民が手を取り合い、諸問題を深く追求し、解決へと突き進みたいものです。

















やや、ご無沙汰!!
ご無沙汰、ご無沙汰!!


KABUは生きています。


なんの前触れも無く2ヶ月以上もサボリまして、更新が滞ったままなことをご心配していた方も居たようで申し訳ありませんでした。
ボクの方は相変わらずアッチへフラフラ、コッチへフラフラと、気ままに釣りほうけていました。
ま、今冬が史上最低状況だった松前海岸の影響をモロに引きずったまま、【釣れない病】に侵されてしまったボクには特にご報告するような釣果なんぞはありぁーせんのですがね。。。

あ、先日は珍しく面白い釣りが展開できたので、状況報告だけでも・・・・



あの日は特段デカイのが釣れたわけでもなく、やたらめったら数が釣れたわけでもなく、ヘタレなボクなりにチョボチョボと釣果はあったんです。
それは、この時期の羽アリに次ぐボーナスタイムに運良くブチあたったからなんです。
それがコレ↓

ストーンしゃん


ちょっとしたジャイアントストーンの釣りを堪能できたのですヨ♪
手持ちの中からそれがしのフライにちょいちょいと加工を重ね、友人へは「プレミアム・フライ」などとたわけたことを抜かしながら釣っとったワケです。

反応はすこぶる良好!
前週はライズの殆どがニジマスでヤマメは不発に終わったのですが、この日はちゃんと釣れてくれました。

ただ、ボクはカワゲラの種別に関しては3つ~4つくらいしか分からないので、このストーンフライが何なのかが深く興味を示したところなんです。
まぁ、ハッチ形態に特徴的な部分は無いと思いますが、オナシのようなアクシデントによって流された個体がフローティングニンフのようになってハッチを完了する個体もあるようですので、これからの6月下旬から7月上旬には要注意なフライになりそうです。


本流の瀬に着いていた20センチをやや?超えるくらいのヤマメ。

本流ヤマメしゃん

ロッドを乗せた石っころにしがみつくガガンボがヤマメの重要種になってくるころ、目の前には入道雲が表れ、生ビールが美味しい季節の本番です。
そんな季節に、本流の強い流れに育まれたプリップリの尺ヤマメを釣りたいものです。




今度は皆で並んで釣りたいなぁ・・・・・








チャリティー・オークションの第2弾、第3弾と続けざまにブチ上げたかったのですが、今ボクの周りがバタバタとしていまして、第2弾の「サクラマス用シーズナブルフライ」はもうちょっとお待ち下さい。
必ずや近日中にエントリーいたします。

ブルファイターだったヤツ

もしかしたら、こんなん釣れるかも!!

























先日から電話で色々とお願いしていた皆様、予定が遅れてしまいまして申し訳ありません。。。

今週の木曜日あたりから熱が出て、未だに下がりません。
咳と鼻水は止まってきたのですが、発熱によるダルさがなんとも・・・・

昨日は1日のうち20時間も寝てまして、人間ってこんなにも寝れるんか?と驚くほどです。

体調が戻り次第、チャリティーを始めたいと思います。
どうか宜しくお願いいたします。
 










皆さんは、北海道南西沖地震(平成5年)を憶えているだろうか?

マグニチュード7.8の地震が起きた直後大津波に見舞われ、矢継ぎ早に第2第3の津波が押し寄せ、その後に出火した火の手が町全体を覆ってしまった。
その何倍もあるこの度の震災とは比べるべくも無いのだが、それでも死者が200名を超し、未だに遺体が戻らない行方不明者も多数出た平成以降の北海道では類を見ない惨劇だ。

青苗地区

当然のこと新聞やTVのニュースは連日この震災を流し、そして日本国中から奥尻島という小さな島へ救援物資が送られてきたのだが・・・・・

先日のテレビ番組でも放映されていたのでご存知の方もいるかと思うが、その救援物資の量たるやハンパな量じゃない。
かるく小学校の体育館がパンパンになるくらいの膨大な量の物資が、あっという間に送られてきた。
当然それらを仕分けするにも人員が割かれ、郵便物としての配送と仕分け作業担当者が何日間も忙殺される始末。。。
また表沙汰にはならなかったが、その荷物の中で本当に始末に負えなかったのが、ボロボロのどう見ても雑巾にしかならない衣類や救援物資としては首を傾げたくなるような大型の荷物。
クサイ臭いの染み付いた子供用の衣類やあきらかに壊れている玩具などなど・・・・

救援物資の担当者は「全て皆さんの善意ですから・・・・」と言いながらも捨てる事も出来ずに困惑を隠せない様子。
これらはハッキリ言って、心無い輩が体よく不要になったゴミを送りつけただけのこと。
それも、数日前に多数の肉親や友人を亡くしてもなお、これから立ち上がろうとしている島民に対してだ。

呆れるほどの酷い人間性を“善意”と称してこの奥尻島へ押し付けたのだから、ボクがこの話しを聞いたときには言葉が出なかったのを覚えている。

だが、そんな酷い人ばかりではない。
凡そ99%の人々は、心から奥尻島の復興を願い救援物資という“愛”を送ってくれたのだ。
その中のエピソードとして、奥尻島の対岸にある乙部町の話がある。

乙部の風景

それは津波に襲われた翌日からイカも解禁となり最盛期ともいえるこの時期に、浜の漁師達は一斉に救済にあたった。
もちろん誰一人としてグチなどこぼすことなく彼らが知り尽くす日本海を何日もの間、行方不明者を探し続けたのだ。
そして彼らを送り出す港では、誰かが声を掛けたワケでもないのに浜のお母ちゃんたち全員が駆け出し、それぞれの腕にいっぱいのお握りやらタラコやらお茶に缶ジュースを抱えて「これももってげぇ~!!」と、毎日遠い海の向こうで困っている人々へのお届け物を渡していた。
「同じ漁師だべさ!」と、友人でもない顔見知りでもない人々へ毎日“人としての愛”を届けていた乙部町の漁師達と浜のお母ちゃん。
どちらもどこかに必ず温かさが滲み出ている人たちだ。




そんな彼らに見習って、ボクもこの度の東日本大地震で被災に遭われた方を、物質的にもメンタル的にも助けてあげられたらなぁ・・・・と強く思う今日この頃でした。









先日、恵庭さけます・内水面水産試験場にて内水面資源部長の杉若さんと座談会形式での協議会がありました。
 
NPO法人:渚滑川とトラウトを守る会の皆さんや千歳を中心に活動している『ふる里の自然を考える会』、オホーツクに面したエリアからはアングラーズアクト、などなど錚々たるメンバーが集まり、昨今の内水面遊漁事情を改革したいとの思いがカタチとなったわけです。


川守りの理想へと語られる・・・・・


今まで水産行政と一般遊漁者とは“油に水”とも言われてしまい、行政側からは「遊漁に関してはドロ沼に足を踏み入れるようなもの!」とさえ言われていました。
しかし今回相談に乗っていただいた内水面資源部長の杉若さんは、今まで対立構図を助長し、最もたる河川利用である釣り人を軽視してきた人種とは違い、常に“釣り人が求めている事”に耳を傾け、何を変え何処を保全することが両者間の調和に繋がるのか?という姿を見せてくれました。

一昔前までは“遊漁者側からの要求”と、“行政側からの押さえ込み”とがぶつかり合うだけだったフォーラムや協議会で、険悪なムードが会場を包み込む場面ばかりが散見されていました。
しかし、遥か先を見据えた改善策を念頭に置いたとき、こんなにも協調性のある話し合いができるものなのだということも杉若さんから教えて頂いた様に思います。


書記長さん、お疲れ様!


どの顔ぶれも、腹の中は皆同じ。
「川が、魚が、今スグ何とかしなければ!!」と、危機感を抱いたま暗中模索の中でもがいて来た連中ですもん。
熱い意見の応酬と、食い入るように皆の話に耳を傾けます。
どこに当面の目標を置き、どの方向へ進むべきかを示唆して頂いた杉若さんに、会場の参加者は奮起を隠せない様子でした。

議題は多方面に及んで・・・・・


「なんとかしなきゃ、北海道!!」と言われ20年以上の月日が流れましたが、何にもしてなかった北海道におぼろげですが一筋の光が差し込んだ瞬間だったように思います。

この度の具体的な方向性はこの場では書くことが出来ませんが、このような機会を与えてくださった各方面の有志達に心からお礼を申し上げたいと思います!!
そして、いまだくすぶっている釣り人有志がいつの日か大きな力に生まれ変わり、行政を動かせる日が来ることを願っています。

誰にだってその力はあるのだから・・・・・







そして、変わっていくことに唾を吐く人へ・・・・・


「動かなけりゃ変わらんよ?」


「人を指差してばかりじゃ魚は釣れないってことサ」


「お互い、魚は釣れた方がイイに決まってるんだからサァ。。。」




















今年の初めからテンションを下げまくるエントリーでしたから、そのままダラダラ・ウダウダと過ごしていました。

気が付けばもう2月。
ボクは未だにお魚を手にしていません(汗)
ってか、釣りそのものが成立していません。

・・・・・だって、寒いんだもん(笑)

正月から2~3回漁港に行ったんですがね、そりゃーもー猛吹雪。。。
外に出て5分で心が折れました。

そんな中、普段は暖房の効いた屋内で事務職をしているコヤツ、寒さには弱いだろうと思いきや、ところがどうして滅法強い!
猛吹雪の漁港に立ち込み、懸命にキャストを繰り返します。

猛吹雪の中で・・・・


彼のタフさに呆れていると、一人だけちゃっかり釣り上げます。
それもボクのフライで・・・・
同じフライを使っているボクにはサッパリなのにです。

よほど釣れたことが嬉しかったのでしょう、ヘンな踊りを見せています。

妙な舞・・・・


怪しい舞を見せた後、次々と魚を掛けています。

・・・・・再び舞ます。

アノ踊りでボクのテンションは急降下してしまい、そそくさと車に戻りました。



もうそろそろ海況も落ち着きを取り戻してくる頃です。
番長が大好きだった松前の浜辺で、ゆっくりと竿を振れる日ももうスグですね!

浜辺でボクを見かけたら、いつでも声を掛けてくださいネ!










// HOME //  NEXT
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。